in STLの暮らし

死者のお祭り ( Día de los Muertos) と遅めのハロウィーン

-6 COMMENT
先週は10月31日、ハロウィーンでした。先週の記事で申し訳ないのですが、週末の土曜日にハロウィーンと南米の死者の祭りに参加してきましたので、ブログに載せたいと思います。

土曜日は午後に家から車で15分くらいの所にあるメキシコ街で死者の祭りに参加してきました。死者の祭りとは南米で3000年近く続いている伝統ある国民行事です。日本のお盆と少し似ていますが、亡くなった人を偲ぶお祭りです。霊を迎える為に、カラフルな祭壇に飲み物や食べ物が飾ってあり、また道行く人は骸骨のマスクやメイクをしています日本ではお化けや怪物と捉えられる骸骨ですが、南米(特にメキシコ)では逆に楽しく明るい存在として考えられているそうです。なので、お祭りの中では沢山の骸骨の置物や扮装を目にします。
DSC_0032.jpg


お祭りは毎年11月1日と2日に催されます。1日は聖人と天使(幼くて亡くなった子供達の霊)の日です。2日は成人の霊の為にお祭りを行います。メキシコの文化では死は人に三度訪れると言われています。第一の死は魂が身体から離れる時。第二の死は遺体が埋葬された時。そして第三の死は人々から忘れられた時です。このお祭りは生者と死者を連結するだけではなく、死者を第三の死から救う為にあるのだそうです。祭壇にはオレンジの花、故人の写真や、好きだった食べ物、そして砂糖でできたあま〜〜いalfeñique(アルフェンニクエ)というお菓子を飾ります。この明るい色と甘いお菓子の匂いに誘われてあちらの世界からやってくるそうです。
DSC_0046.jpg


セントルイスということで、余り盛大なイベントではなかったのですが、知らない文化に触れるというのはとてもワクワクします祭壇も見てしまったので、祭壇の真後ろにあったメキシコ食料品店に寄りました。

メキシコの飲み物の数々。アメリカと日本で飲み物が違うのは甘味にトウモロコシの砂糖原料を使っているか、サトウキビを使っているか。サトウキビを使っているのがメキシコの飲み物。アメリカはコーンシュガーです。なので、コーラも微妙に味が違うんですよ
DSC_0036.jpg


メキシコ料理で使われる色々な野菜果物が売られています。
DSC_0037.jpg


メロンパン!!って思いますよね。違うんです、コンチャ(貝殻)というメキシコのパンです。何年か前に初めてアメリカで見た時に即座に買いましたが、味は全く違いました。パサパサのパンに甘い砂糖がのっている感じです。起源が一緒なのか(?)とか思いますが、真相は謎だそうです
DSC_0038.jpg


メキシコではサボテンも食べます。レシピが知りたいのですが、なかなか簡単なレシピがなく・・・いつも指をくわえながら見ています。知っている方がいらっしゃいましたら、メッセージください!!
DSC_0041.jpg


天井から掛かっているのはピニャータです。南米では、中にキャンディやチョコレート等のお菓子を入れて天井から吊るし、子供達が一人一人スイカ割り感覚で目隠しをして叩きます。ぶっ壊して、お菓子をたたき出すだけの遊びなのですが、結構楽しいです
DSC_0044.jpg


スペイン語で”ハッピーバースデー”と書いてあるキティちゃんの誕生日ケーキキティちゃんは世界中で親しまれていますね。
DSC_0045.jpg


パレードがあると聞いて楽しみにして来たのですが、予定の時間になっても来ない祭壇で受付をしていたおじさんが、メキシカンタイムだね〜っといっていましたが、本当です。あまりに来ないので、行きつけのメキシコ料理屋さんでランチデートメキシコ人から本場の味と太鼓判を押された、私が一番好きなメキシコ料理レストランです。何年か前は通りのすごく小さなお店でこじんまりと店を構えていましたが、人気がでて今では近隣で一番大きいレストランとなっています。いつも通りのタコス。タコス一つ約2ドル(200円)なので、三つで6ドル(600円)でもお腹いっぱいになってしまいます。今日頼んだのは、牛の頬肉、煮込み豚とお魚のタコス。お魚は初めてだったのですが、フライになっていて、結構美味しかったです。
DSC_0050.jpg


食べている間にようやくパレード団体がやってきました・・・でもあれ?5人だけ??なんだか本当に小さいパレードでしたこの後にはちらほらと来ましたが、なんだかパレードの列が少なすぎて続かない。これから大きくなって欲しいイベントでした・・・
DSC_0049.jpg


夜は友達のホームワーミングパーティ兼ハロウィーンパーティーに呼ばれていたので、いそいそとコスチュームに着替えて出発しました。一応写真アップしておきます・・・

カメさんは日本祭でゲットしたジャスコ(使用済み)のハッピ。
1395995_10153626642765107_149104297_n.jpeg


私は(身の程知らず)ギリシアの女神様に扮してみました・・。どうでしょう。ドレスは何年か前にホームカミングパーティで買ったのものなので、髪飾りだけで400円で済んだすんごいお得な衣装です。寒かったですが、結構楽しい一日でした。
1456111_10153640277045107_994919482_n.jpeg
スポンサーサイト
  • Share

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/11/05 (Tue) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

ちひろちゃん!!

ちひろちゃん!!コメントありがとう〜〜〜!!!すごく嬉しいです。なんとか頑張ってセントルイス生きています。いつか遊びに来てくださいね。まだまだゆいまは日本に帰れそうにないので・・・。いやたぶん化粧のおかげで化けてます・・でも、ありがとうv-238嬉しいです!

2013/11/05 (Tue) 22:57 | EDIT | REPLY |   

P  

わ~とっても可愛らしい仮装♡彼氏さんもはっぴ可愛いです♡♡笑
楽しそうでいいですね~!

そちらでも死者の日楽しそう~!
ちなみに、サボテンは茹でてから1センチ角に切ってフライパンで焼いたものを
トマトとかと和えてサラダに入れると美味しいらしいですよ(*^^*)
私はサボテン苦手なんですけど、友達のメキシコ人はこれが好物だそうです!
もし良かったら試してみてくださいね~☆

2013/11/07 (Thu) 14:52 | EDIT | REPLY |   

poke  

ハロウィン

お近くにメキシコ街があるなんて、異国文化に触れられてよさそうですね。
スーパーで売っているものも珍しくて、見て歩くのがおもしろそうです。
骸骨が明るいなんて、さすがラテンのお祭り~!
甘いものに誘われてご先祖が来る、というのもいいですね。

そういえば公園で子供の誕生パーティをしているのを見かけたときに、
星型の風船のようなものを、みんなで棒で叩いていて、何だろう?と思いましたが、
中にお菓子が入っていたのですね。いつまでも叩いていたので、きっと丈夫なピニャータだったのでしょうね(笑)

女神の衣装素敵ですよ~。

2013/11/07 (Thu) 17:26 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

P様

ありがとうございます。二人ともとっても節約仮装で、安上がりでしたが、一年に一度のイベントなので楽しませてもらいました。

本場の死者の日には似ても似つかないですが、こうやって文化が伝えられていくのは良いですね。
流石メキシコ在住のP様。レシピありがとうございます!!フライパンでは普通にコーン油なので炒めてしまっていいのでしょうか?今度試してみます!

2013/11/09 (Sat) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

poke様

カリフォルニアの方が文化の交流は多いですよね。私の父がカリフォルニア出身なので、一度行った時に文化の多様性にワクワクしました。きっとメキシコ街もありますよね。
スーパーでは良くスパイスを買います。普通のスーパーマーケットだと割高なので・・。食べたことがない食物とかみると、味見してみたくてうずうずします。このお菓子、メキシコ在住のブログ仲間様の話に寄ると、すんんごい甘いそうです!!死後の世界にまで届くあま〜い匂いなのでしょうね。

そうです!!それがピニャータです!!けっこう頑丈に作られているので、子供達の力だと一仕事ですよね。お菓子をゲットする為に子供は必死でしょうけれどね(苦笑

衣装ちょっと寒かったですが、良い思い出になりました。コメントありがとうございます。

2013/11/09 (Sat) 11:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment