in STLの暮らし

コミュニケーション

-4 COMMENT
最近仕事が忙しくなかなかUPできませんでした。すみません。

Yuimaは一ヶ月程前に就職しました。就職してから初めの6週間はトレーニング期間なので、本格的にはまだ働けませんが、色々なプレゼンテーションに出席したり、組織のことを勉強している日々です。今日のテーマはトレーニング中のプレゼンテーションでちょっと気がついた文化の違いから。

今日のプレゼンテーションのテーマはずばりコミュニケーション。家族や仕事場の人間関係の中でどのようにうまくコミュニケーションしていくかという内容だったのですが、カウンセリング専攻だったYuimaには懐かしい言葉ばかり・・・。
でもその中で面白いことに気がついたのが、他人に対する接し方の違いです。
yuimaは大学卒業するまで日本育ちです。なので小学校は日本でした。その時に道徳の時間で教えられたのは「自分が嫌がることは相手にするな」でした。つまり、相手が自分だったらどう思うかを考えろというアプローチですよね。ところが今日プレゼンテーションのなかで提唱していたのは、「他人は自分とは違うんだから、喜ぶことも悲しむ所も違う。だから、自分をベースに考えるのではなくて、相手がどう思うかを考えること」。
思わず、



へ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


でした(苦笑
アメリカを含む欧米文化はIndividualism cultureと呼ばれます。一方で、日本を含むアジア各国の文化はCollectivism cultureです。違いは、個人主義的文化かコミュニティー重視の文化かです。お察しの通り、アメリカは個人主義。日本はコミュニティー重視の文化です。日本では自分と他人の違いをそこまで意識しませんので(コミュニティーのを重んじますので)、自分=相手で自分が嫌がることをしない。ですが、アメリカでは一人一人の違い(ユニークさ)が尊重されますので、相手と同じなんてあり得ない!ということで、相手を観察して接しましょうという事ですね。どちらも相手の気持ちを重んじることに変わりありませんが、このようなちょっとした違いが個人の性格にも現れてくるんですよね。


アメリカに来て5年目に突入しましたが、カルチャーショックはなくなりません。これが面白いから文化を学ぶことは止められない!!
スポンサーサイト
  • Share

4 Comments

Shiori  

これ、これ!

ああああ!これすごく嬉しい!
私も日本の道徳の授業でこんなこと言われました!でもその頃から、「みんなそれぞれ違うのに、自分と相手が同じなんて考えて行動するのは自分の価値観の押し付けやないと~?」って疑問でした。
この記事読んでて、あ、こんな私の考えでもいいんだーって気持ちになりました^ ^
ありがとうございますー!

2013/10/13 (Sun) 19:02 | EDIT | REPLY |   

P  

なるほど~

こっちに来て、本当に個人主義なんだな~って実感することはたくさんありますね。
良い面も悪い面もありますが。
それに、文化の違いはまだまだたっくさんあるんでしょうね~!!
私も、ビックリすると同時に見習わなきゃなって思うことが多々あります。
そういう場面に出くわしたときは、異国での生活も悪くないなって思いますよね♪
お仕事頑張ってくださいね~!!

2013/10/14 (Mon) 15:27 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

シオリ

再びだけど、コメありがと~~!!
国、文化が変わればモラルも変わる。当たり前なんだけれど、こうして改めて言われると結構面白いよね。しおりの考え方でもぜんぜんこっちではOK!!というか、そっちじゃないとおかしいと思われるよ。またコメしてね!!

2013/10/17 (Thu) 10:33 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

P様

仕事がんばります!!ありがとうございます。
アメリカは個人主義だから、社会の和を大切にする国から来るとけっこうびっくりすることも多いですよね。最初は大変なこともあるのですが(何年いてもやっぱり大変なことは大変ですが)、徐々に慣れてしまって逆に帰国したらリバースカルチャーショックで大変ということにもなりますよね。世界で暮らしていくのはいろいろ大変ですよね。P様の文化の違いでビックリしたことも今度教えてくださいね!!

2013/10/17 (Thu) 10:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment