in ニュース

12年

-4 COMMENT
アメリカでは今日至る所で9.11の追悼記念日が行われています。9.11テロから12年。アルカイダは未だにテロの犯行声明を出していますし、アメリカはシリアに軍を派遣すると息こんでいます。なかなか世界の平和は来ないようです。

今日はあるビデオの紹介です。9.11、そしてボストンの爆弾テロによってアメリカでのイスラム教徒に対する風当たりが本当に激しいアメリカ撮られた興味深いABCのビデオです。
このビデオでは仕掛け人が二人います。一人はムスリムに扮したお店の従業員。もう一人は人種差別を演じるアメリカ人。一般人のお客さんがその二人の掛け合いにどう反応するかを隠しカメラで撮ったものです。



人種差別者を演じるオリバーはかなり酷いことを従業員役に言います。”国に帰れよ。そのお金を送って爆弾を作っているんだろ?こんな所で買い物が出来る訳ないだろ。アメリカ人はムスリムより良いに決まっているだろ。”などなど。観ているこっちまでイライラしてくる発言の数々。その中でかなりの一般人の人が、ムスリムの従業員役の為に立ち上がっていました。”お前は馬鹿か?アメリカは白人だけだと思っているの?出て行け、イライラする。この人がムスリムだって、9.11には全く関係がないわよ。”と言うようなコメントがありました。が、その中で一人だけ彼(人種差別者:オリバー)に賛同した人がいました。彼によると、”ムスリム=テロリストと言うのは引き離せない事実だ。今までのテロリストだって我々の中に混じって、普通に生活して、いきなりズドンだろ?どのムスリムがテロリストかそうじゃないのかを見分けるのは難しいんだ。”とういことだそうです。私が一番感動したのは、アメリカ軍の制服を着たSoldierの方。人種差別者役のオリバーにはっきりと”出て行け!お前がどこでも買い物をする権利があるように、彼にもここで働く権利がある。”。ネタバレの為ABCのキャスターに"俺はアメリカ人の人権のためにこの制服を着ている。それはムスリムであっても変わらない。この従業員の人がどの宗教で、どのように礼拝するかは彼の勝手だし、俺には干渉する権利がない。俺はアメリカ人のために戦っているんだ。”と。個人的に私は軍隊が嫌いです。制服もあまり好きではありません。しかし彼の発言は本当に心を揺さぶりました。イスラム教徒の友人が多く、差別や言われない中傷を見て来ているyuimaですが、こういう人たちもいるのかとちょっとアメリカの未来に希望を持たせてくれたビデオでした。イスラム教徒の方達も9.11の被害者です。それを忘れては行けません。
スポンサーサイト
  • Share

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/11 (Wed) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

poke様

リンクして頂いたんですか?ありがとうございます!!もちろんリンクさせて頂きます。これからもブログ仲間同士頑張りましょうね。

確かに人種差別はありますよね。セントルイスは半数以上がアフリカ系アメリカ人、んで残りが白人、その後に2パーセントくらいのアジア人で構成されています。黒人VS白人の人種問題も多いですが、やはりアジア人に対する風当たりもありますよね。でも日本は更に酷い筈です。人種差別を制する法律がまだありませんから(汗 これは先進国の中では異常・・・。日本も真の意味で早く国際化が計られるのを望んでいます。

錆びになっていないならば大丈夫ですね!セントルイスでは車のバンパーがひしゃげたり、窓がない車が走っていますから・・ちょっとの傷なんて気にすることありませんよ!でも安い修理工が見つかると良いですね。

2013/09/12 (Thu) 08:24 | EDIT | REPLY |   

ザ・シンプソンズ  

自由

だれも個人の自由は侵してはならない。
当たり前のこととして日本では日頃考えないことが
アメリカではいつもあるのですね。

2013/09/13 (Fri) 09:06 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

ザ・シンプソンズ様

コメントありがとうございます。やはり移民の国や人種問題の歴史(現在進行形ですが)がはっきりしている国ですから、このような問題はとても表面化して現れてくるようです。自由の国と言いながらも自由を認められない人たちが沢山いるのがアメリカです
。なかなか完全なる解決には時間がかかりますが、登場していたアメリカ兵のような勇気に満ちた人がもっと現れることを願っています。

2013/09/14 (Sat) 10:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment