in 未分類

日本祭2013

-0 COMMENT
昨日はセントルイス日本祭2013でボランティアをしてきましたアメリカは昨日から三日間(土日月)Labor Dayという国民の休日なんでこの時期に毎年Botanical Gardenというセントルイスの植物園で日本祭が行われます。今年で36回目(1977年から毎年)の日本祭では色々なパフォーマンスを通して日本文化が楽しめるようになっていますボランティアをすると無料チケットが手に入るので毎年のようにyuimaはボランティアをさせて頂いています。今年は折り紙に挑戦!折り紙なんて鶴しか折れないyuimaと折り紙折ったこともないカメさんでしたが、一週間の特訓(?)もあってなんとかなりました。私たちは10時から昼食休憩を挟んで2時までのシフトでしたが、本当に参加者がたくさんで驚きました。お仕事内容としては、参加者さんのリクエストで色々な折り紙を一緒に折っていくだけ。今年は蓮の花がテーマということで蓮の花の折り紙を沢山折りました。

この写真は折り紙セクションのチーフの方が作った作品です。素敵ですね〜
P9010012.jpg

日本人の子供達も浴衣を着てやってきます。
P9010005.jpg

チーフの方が作った折り紙の数々
P9010009.jpg

12時からの昼食休憩では用意したお弁当で一服。会場にももちろんフードコートがあり、日本食を販売しているのですが(やきそば、たこ焼き、寿司(....)、かき氷、焼き鳥、牛丼etc)、値段ばっかりが高く(たこ焼き三個=$5-約五百円)美味しくないので、自分で作ることにしています。
P9010003.jpg

ボランティアを終えて、記念に一枚
P9010020.jpg

頂いた無料パスを手に園内を歩き回ることに。毎年来ているので、別に目新しい演目もないのですが、久しぶりに見る日本の文化はちょっと面白い。
園内には盆栽を売っているコーナー等もあります。
DSCF2955.jpg

お土産店
DSCF2957.jpg

トトロのセーターも見つけました(話がそれますが、宮さんが引退するそうですね・・当たり前ですがすんごくショックです)。ちなみにこのセーターお値段は$48(=4800円くらい)!!!
P9010028.jpg

お店は園内至る所にあり、沖縄民芸品店、アニメコーナー、なぜか中国傘/中国の絵が置いてあるお店、日本のお菓子やパンなど様々です。値段は一様に高いのですが(カメさんが闘魂はちまきを$8で買おうとするのを、100均で買えるからと必死で阻止しました)中には結構お得な物もあります。
私が今回カメさんの家族のためにお土産(牛さんの携帯ストラップと口紅ケース各5ドル)
P9020001.jpg

カメさんが買ったお父さんへのお土産。ナイロン製鯉のぼり(8ドル)。
P9020005.jpg

本日の目玉商品!!ジャスコのハッピ。使用済み。5ドル。カメさんが止めろって言うのにどうしてもと言い買いました・・。まぁ5ドルだしね・・。なにげに似合っているのが嫌
P9010025.jpg

私たちはボランティアで今回は見れなかったのですが、日本語学校主催の御神輿もあります。yuimaが学校で幼稚園の先生として働いていたときには、ちびっ子達を暑い中励ましてなんとか10分くらい御神輿と一緒に歩かせた思い出があります。
DSCF2963.jpg

お祭りの中では自分参加型のアトラクションがあります。私が担当した折り紙に加え、浴衣で写真コーナー、フェイスペイントコーナー、めんこや剣玉がおいてあるオモチャコーナー、そして習字コーナーがあります。カメさんここで人生初の習字に挑戦。カメさんが選んだ言葉は忍耐。自分を表す言葉だそうです。最初にお手本を書いてもらって、さっそく挑戦!初めてにしてはとても上手く出来ました
P9010032.jpg

また、お祭りでは色々なパフォーマンスがあります。生け花、空手、日本昔話、カラオケ、着物ショー、独楽回し、古流武芸、沖縄の舞踏、太鼓などなど。園内中の色々な場所で一日中繰り広げられているのです。その中で私たちが観たのは相撲と盆踊りのパフォーマンス。相撲ではリタイアした一般に言われている外国人力士の方達が毎年来て実演や稽古内容の説明をしてくれます。最後に写真+サインのサービス付きカメさんは自分が書いた習字にサインをしてもらいご満悦。
DSCF2967.jpg

最後に盆踊りのパフォーマンスです。知らない曲や懐かしい曲てんこもりで楽しめました。途中から参加型になったので、皆で輪になって踊りましたが、振り付けが覚えられなく・・変な所で手を叩いたり・・恥ずかしかったです。
P9010044.jpg

忙しかったですが、とっても充実した一日でした。来年も楽しみです!
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment