FC2ブログ
2018_10
16
(Tue)10:30

アメリカの転職の仕方パート2

前回は仕事を探すところまで書きましたが、果たしてどうやって仕事をゲットするのかは書いていませんでした。前回書いたように仕事を得るのにはまず1) きっかけ、2)転職サイトへGo、3)めぼしい仕事を見つける…が最初のステップです(少なくとも私はそうです)。

その後のステップについて今日は話していこうと思います。

4)良い仕事が見つかった。仕事内容も、いよいよ応募(アプライ)しますよね。日本のことは私はあまりわからないので、比較はしませんが、こちらでは必要なものがだいたい三つあります(職種によっていろいろ変わるので、そこらへんは臨機応変にw でもこの三種の神器的なものは最低限必要です)。

⑴ Resume
⑵ Cover letter
⑶ References list


⑴ Resumeはレジュメ、つまり履歴書ですね。アメリカは履歴書のフォーマットがコンビニとかで売ってありませんwてかコンビニがないです😅なので自分で作ることになります。その辺はワードでチャチャっと作りましょう。サンプルはgoogle先生で探しましょう ”Resume sample”と探すとたくさん出てきます。
Resume sample 1  
Resumeを作る時に入れるべき最低限はまず名前と住所w 絶対に入れましょう。そして自分の今までの教育歴(私はまだ卒業していないですが、博士課程まで入れています。グリーンカード以外のビザの人はそれも名前の下あたりに明記しておきましょう)、あとは仕事経験と資格(バイリンガルならそれもちゃんと入れましょう!)。カウンセラーの私はこれに加えて参加しているカウンセリング協会の名前や自分が使っているカウンセリングのテクニック、今までしたワークショップや教えたクラスなど書いてあります。昔は履歴書は一ページに入るくらいとか言われていたのですが、絶対入りません😅調べてみたら別に数ページでもいいらしいですよ。でもあんまり仕事に関係ないボランティアなどでレジュメを埋めるのはNGです。

⑵ Cover letterは簡単にいうと、「なぜ私はこの仕事のこの職種にアプライしてて、会社にどうやって貢献できるか、今まで何をしてきたか」を自画自賛込みで一ページにまとめます(*´~`*) 日本人の方は自分を評価することが苦手な場合があるので、ちょっと最初は書きづらいかもしれないですが、そこは気合いで売り込みましょう。これは一ページ以内に収めてください。フォーマットはまたgoogle先生に聞きましょうアプライする仕事によって毎回書き換えるので実は結構めんどくさいです。

⑶ Reference listは自分を推薦してくれる人のリストです。なので関係が友好な人にしましょう。そうじゃないとボロクソ書かれてしまいますから💦これは今までの仕事先の上司とか教授とかになります。でもアプライする職種に合っている人にしましょう。リストに名前を載せる前にちゃんとお伺いを立てておくのがマナーです。私はアプライする仕事のたびにお伺いしていたので「もうなんにでも名前使って良いから」と何人かに言われました:(´◦ω◦`): まさしくコネ社会アメリカですw 私も教え子の推薦者になったことが何度かなったのですが、仕事先によって違って、推薦状を書けば良いところ、決まった質問があってそれに対して推薦状を書くところ、または電話でインタビューとかもありました。

5)オンラインでいよいよアプライします。これが結構めんどくさいレジュメに書いてあることをまたオンラインのアプリケーションに全て書き込みます。それ以外にも性別、アメリカで就職可能か、ミリタリー経験があるかなどなどいろんんなことを聞かれます。ぶっちゃけ履歴書みれば良いじゃんと思うのですが…だめなんです。自分で再度入力させられます。アプリケーションが全て書き込んだら、「提出(submit)」しますが、ちゃんと提出する前にミスがないか等確認しましょう。提出したら訂正できません。
アプライしたら今度はもう待つばかりです。インタビューに呼ばれることもあるし、ごめんなさいもあります。場所によってはごめんなさいさえしてくれないところもあるので、待つのはかなり辛いんですよね。それでは意外に長くなってしまったので、インタビュー等はまた今度w

読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。大学の写真は博士大学院生ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ:アメリカ セントルイス 転職 就活

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック