FC2ブログ
avatar image

カウンセリング博士課程

興味のない人は、博士号ってこんなこともやるんだよーって感じで流して読んでください💦これからカウンセリングの博士号目指している人向けに書いてます(そんなやついるんかいってちょっと心の中で突っ込みながら書きましたがwww)

今年の春学期にようやく必要なクラスを取り終わりました。クラスを取ってるっていうとたまに言われるのが、「え?博士課程ってクラスあるんですか?」って言われるんです。カウンセリングのプログラムはあります。多分これ分野によってかなり違うのですが、基本化学系は修士でクラスを終わった後の博士家庭では研究ばっかになるみたいですね。カウンセリングプログラムでは修士ではカウンセラーになるための授業を、博士では教壇に立つための授業を取らされます😅だから普通に授業ってあるんですよー。授業の種類はいろいろで、でもぜーーーーんぶ必須科目なので、毎セメ二科目ずつぜーーーーんぶ取りました。

取った授業の一覧っす。
研究系の授業5クラス (質的と量的研究の4クラスに加えて、研究をどうやってするかの授業取りました)。
スーパービジョンのクラス 2クラス(2セメ連続でのクラスに加えてインターンシップがありました。実習クラスを取っている修士レベルの学生のスーパーバイザーです)。
実習 2クラス(修士レベルの学生をカウンセリングするという、ちょっと倫理的に微妙なクラス。2セメ連続で取りました。)
Adv. Theory class 1クラス(一番最初に取ったクラス。カウンセリング理論をもうちょっと深く学ぶのと、論文一本書かされたかなりハードだったクラス。これは落とすかとマジでヒヤヒヤした)。
Adv. multicultural counseling 1クラス(修士で取った異文化カウンセリングの上級クラス。すんごいためになった授業。一番のお気に入りw)
Adv. career counseling 1クラス(キャリアカウンセリングの上級クラス。ちょっとめんどくさかった授業w)
Counseling gender and sexual minority 1クラス (取れる授業がなかったので、単位稼ぎで取ったマスターのクラス。お気に入りの先生が途中で入院してしまって、ちょっと消化不良に終わったクラス。)
Exit course (博士論文の最初の三章ーイントロ、過去の文献紹介、)

計13クラス+インターンシップが5領域(スーパービジョン、リサーチ、リーダーシップ+社会貢献、実習、クラスで教える)。

数で見ると意外に少ないと思ったのですが、内容が濃かったので・・・ぶっちゃけ本当に大変でした💦最初の嬉しいウキウキ感とかあったっけとか思う感じ(。-_-。)よく、なんで博士課程なんてやってるんだろうと自問自答してます

ちなみに1ヶ月前くらいにようやく前学期全て取り終わってすっきり〜していたら、大学からに「次の学期に授業を登録してないみたいなんだけど、どーすんの?辞めんの?」っていやーなメールが来てビックリどうやら卒業まではちゃんと一単位でも登録していないと、休学扱いになってしまうらしいのですΣ(ω |||) そんなこと知らないで、普通にインターンシップの授業料(6単位分)も前倒しで授業料を払ってしまったので、まだ登録していなくて授業料を払っていない単位といったら卒論しかない…。休学になってしまうと、学生の特権である図書館も、駐車場も、カウンセリングルームも何にも使えないという事態になってしまうので…仕方なく卒論単位を一単位登録しておきました。…まだ論文始めていないのに…卒論は12単位なので、とりあえず1/12分払うことに。こうして小分けできて助かりましたそうじゃなかったら学生の特権一時返上するところだった(苦笑 もしこれから博士過程目指している方は授業だけでなく、単位数にも気をつけましょう。あまり早く全部単位登録して払っちゃうと私みたいなことになりますよ(*´~`*) なんともとりとめのない話でした。次回はもう少しちゃんと書きます。


読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。大学の写真は博士大学院生ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Theme: 海外留学 | Genre: 学校・教育

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback