in STLの暮らし

車社会

-0 COMMENT
アメリカは車社会とは渡米前から知っていたことですが、やっぱりセントルイス車の需要率は半端じゃない!ということで、今日のお話はアメリカの車社会です。

セントルイスはメトロという路上電車+バスがあるのですが、空港→大学→ダウンタウン→イリノイを繋ぐくらいで線も二つしかないという日本の迷路のような鉄道路線と比べることが出来ない程寂しい物でございます

url-2.jpeg

なので、仕事をする、郊外に住むとなると車は欠かせない訳で・・yuyuもこちらに来てから初めて運転免許証をとりました

セントルイスはアメリカでも一、二を争う程交通事故が多く危ないところらしく、仕事上運転することが多いのですが、毎日の運転も気が引き締まります。アメリカは高速道路が無料の為、ほぼどこに行くにも高速道路を使うことが多いです。もちろん高速道路の上限速度(55~65/h)は一般道(30~45/h)よりも高いのですが、でもセントルイスの運転手それよりもプラス10~25/hでとばすとばすこっちが上限速度を守って運転しているとすぐに嫌〜な視線を投げかけられながら追い抜かれます・・。たまに法律を守っているこっちがばかばかしくなってきますね。そこまでスピード出しても目的地への到着時間は2〜5分程度しか変わらないのですが(←経験談)、やっぱり周りがスピード出していると感覚が鈍ってくるものなのでしょうか?


今日も仕事(日本人高校生の英語チューター)のために車で30分くらい離れたChesterfieldという所にいってきました。案の定、高速道路では次々に追い抜かれていたyuyuです。いや〜な視線攻撃でちょっとダウンしていましたがお仕事先でユニバーサルスタジオからのお土産をいただきちょっとハッピ〜

こちらが子供達からのお土産です。


表 P7230167.jpg

裏 P7230168.jpg

ホグワーツのロゴが入っている荷物タグです
日本のユニバーサルしか行ったことがないyuyuですが、とても子供達は楽しめたようです。いつか機会があれば行きたいな〜


スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment