in 好きな歌と本と映画

Battle Scars

-4 COMMENT
先週PTSDのクライアントをサポートするトレーニングに行きました。ほとんどアジア人のカウンセラーやセラピストはミズーリ州にはいないので、私がまたたった一人のアジア人だったのですが。慣れましたが…。トレージングからクライアントの家にいく途中でとても懐かしい曲がタイムリーにラジオで流れていました。

Lupe FiascoとGuy Sebastianの「Battle Scars」です。

私は昔からアイドルの追っかけとか全然興味が無い子供で、周りがジャニーズ系で大騒ぎしている時も図書館でミイラの本を読んでいるような子でした。でも少なからず好きなアーティストはしばらく生きていればいるわけで、今日は私の一押しのラッパーの曲を…。色々と思い入れのあるラッパーです。Lupe Fiascoというシカゴ出身のムスリムのラッパーです。酒もドラッグもしない社会派のラッパーで、グラミー賞受賞した経験もあるトップアーティストです。Lupeがお酒なのかと疑われた写真のボトルの正体はアップルサイダーだったり…と徹底しています。彼の父親がブラックパンサーのメンバーで空手の先生で、その影響もあり空手の黒帯持っている…本当に珍しいバックグランドの持ち主のラッパーです。彼のラップはとても力強く洗練されていて、アメリカでは結構根強い人気があります。この曲は2012年にリリースされたたのですが、その頃インターンシップ先で関わっていたクライアントの何人かがひどいPTSDに悩ませていて、この曲がラジオで流れるたびに大泣きしていたことを思い出します。今考えるとなんて未熟だったのではと思いますが、あの時のどうしようも無い無力さが今の原動力になっています。



Lupe
The wound heals but it never does
[傷は治るが、愛する人に負わされた傷は治らない]

That’s cause you’re at war with love
[それは愛する人に対しての戦いだから]

You're at war with love, yeah
[愛との戦いだから]

Guy
These battle scars, don’t look like they’re fading
[戦場で傷つけられた傷は消えそうに無い]

Don’t look like they’re ever going away
[傷はいつまでも残る]

They ain't never gonna change
[いつまでも変わらずにその傷は残るのだろう]

These battle
[あの戦場で傷つけられた傷は…]

Lupe
Never let a wound ruin me
[傷に俺は壊せない]

But I feel like ruin's wooing me
[でも付けられた傷が傷ついた人の元へと疼く]

Arrow holes that never close from cupid on a shooting spree
[まるでキューピッドが俺の気持ちを掻き立てているようだ]

Feeling stupid cause I know it ain't no you and me
[すっげー自分が思う. 俺たちの間ではそんな良いことが起こり得るなんてありえないことなんだから]

But when you're trying to beat the odds up
[でも自分のためになんとか切り開こうとしようとする時]

Been trying to keep your nods up and you know that you should know
[顔をあげて自分のために正しいことをしようとする時]

And let her go but the fear of the unknown
[彼女を諦めて先に進もうとする時に、ちらりと考えるんだまだ見えない将来のことを]

Holding another lover's phone sends you back into the zone
[埋め合わせの恋人には電話で裏切られて、結局元の鞘に戻る時]

With no Tom Hanks to bring you home
[(映画Saving Private Ryanより)家に連れ戻してくれるトムハンクスはいない]

A lover not a fighter on the front line with a poem
[戦争の最前線にいる無力な詩人のようだ]

Trying to write yourself a rifle
[でも(ペンは剣よりも強しのように)ペンという名のライフルで武装して(言葉による和解をめざす意)]

Maybe sharpen up a song
[武器の詩をもっと研ぎ]

To fight the tanks and drones of you being alone
[俺はたった独りで戦車とドローンに立ち向かうんだ]

Guy
I wish I never looked, I wish I never touched
[見なければよかった。いっそ触れなければよかったと願う]

I wish that I could stop loving you so much
[君を愛することをやめれれば良いのにと願う]

Cause I’m the only one that's trying to keep us together
[だって俺だけがこの関係をなんとかしようとしているんだぜ]

When all of the signs say that I should forget her
[もう彼女を忘れた方が良いって全ては俺に語り変えているのに]

I wish you weren’t the best, the best I ever had
[お前が今までで最高の女じゃなかったら楽なのに]

I wish that the good outweighed the bad
[良いことが悪いことよりも多ければ良いのに]

Cause it’ll never be over, until you tell me it's over
[だって、お前が俺に終わりだって言ってくれないといつまで経っても終わらないから]

Guy
These battle scars, don’t look like they’re fading
[戦場で傷つけられた傷は消えそうに無い]

Don’t look like they’re ever going away
[傷はいつまでも残る]

They ain't never gonna change
[いつまでも変わらずにその傷は残る]

These battle
[あの戦場で傷つけられた傷は…]

Lupe
You shouldn't have but you said it (And I hope you never come back)
[言ってはいけないことをお前は言った(いっそ一生戻ってこなければ良いのに)]

It shouldn't have happened but you let it
[そんなことするべきではなかったのに、お前はそれを止めなかった]

Now you're down on the ground screaming medic
[そして今お前は看護兵のように地面に転がって叫ぶんだ]

The only thing that comes is the post-traumatic stresses
[俺に残ったのは心的外傷後ストレス障害だけ]

Shields, body armours and vests
[楯、鎧、そして防弾ベスト]

Don't properly work, that's why you're in a locker full of hurt
[なんにも効かねえ。だからお前は (映画)Hurt Lockerのように痛みだらけになっているんだ]

The enemy within and all the fires from your friends
[自分の中にある(別れた)痛みに加えて友達まで(元恋人を詰って)火を吹いてくる]

The best medicine is to probably just let her win
[一番の薬は白旗あげて彼女に勝ってもらう(共依存の関係に戻る)のが良いのかもしれない]

Guy
I wish I couldn't feel, I wish I couldn't love
[感覚なんてなくなれば良いのに。人を愛せなければ楽なのに]

I wish that I could stop 'cause it hurts so much
[もういっそのことすべて止めれれば良いのに]

Cause I’m the only one that's trying to keep us together
[だって俺だけがこの関係をなんとかしようとしているんだぜ]

When all of the signs say that I should forget her
[もう彼女を忘れた方が良いって他のすべてのことは俺に言っているのに]

I wish you weren’t the best, the best I ever had
[お前が今までで最高の女じゃなかったら楽なのに]

I wish that the good outweighed the bad
[良いことが悪いことよりも多ければ良いのに]

Cause it’ll never be over, until you tell me it's over
[だって、お前が俺に終わりだって言ってくれないといつまで経っても終わらないから]

These battle scars, don’t look like they’re fading
[戦場で傷つけられた傷は消えそうに無い]

Don’t look like they’re ever going away
[傷はいつまでも残る]

They ain't never gonna change
[いつまでも変わらずにその傷は残る]

These battle
[あの戦場で傷つけられた傷は…]

Guy
'Cause you've set me on fire
[お前が俺に火をつけたんだ]

I’ve never felt so alive, yeah
[お前との関係以外でこんなに生きていたって思えたことなんて無いんだよ]

Lupe
Hoping wounds heal, but it never does
[傷が治ればと思うけど、治らない]

That's because you're at war with love
[それはお前が戦場にいるから]

Guy
And I’m at the point of breaking
[もう限界だ。壊れちまう。]

And it’s impossible to shake it
[でも振り払うなんて無理なんだよ]

Lupe
See, you hoped the wound heals, but it never does
[傷が癒えればと思っただろ?でも治らないんだよ]

That's cause you're at war with love
[愛の戦いだから治らない]

Hope it heals, but it never does
[治れば良いと願うが、治らない]

That's cause you're at war with love!
[愛の戦いだからだよ!]

Guy
These battle scars, don’t look like they’re fading
[戦場で傷つけられた傷は消えそうに無い]

Don’t look like they’re ever going away
[傷はいつまでも残りそうだ]

They ain't never gonna change
[いつまでも変わらずにその傷は残るのだろうか]

These battle
[この戦いは…]

Plot
TURN OFF YOUR COMPUTER RIGHT NOW AND GO OUTSIDE AND DO SOMETHING TO CHANGE THE WORLD
[パソコンを今すぐ消して、外へ出て、世界を変えてこい]

HAVE FUN
[楽しんでこいよ]

ラップは二重三重と意味があるので、なかなかすべての意味を訳すのは無理がありました。原詩とはちょっとニュアンスが変わるのはお許しくだいさい。ストレートな訳では恋人との共依存のことを歌っているのですが、これちょっと考えると親から虐待された子供達や、性被害にあった女性たち、戦争へ駆り出された兵士のことも歌っているんですよね。無力でどうしようも無い、ただ痛みだけが増えていき、心を病んでいく。本当は愛されたいだけだったのに。あなたが終わりだと言ってくれないと、この戦いは終わらないってとても言葉にならない感情が生まれます。最後のLupeからの引きこもってねーで世界に出て変えろよっていうメッセージも好きです。この曲を聞くたびに私がなぜカウンセラーなのかを思い出させてくれる大切な曲です。

読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。大学の写真は博士大学院生ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 博士課程大学院生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカセントルイスラップ

  • Share

4 Comments

Kiko  

Yuimaさん、ごめんなさい。 今日、私のブログをログインしたら、Yuimaさんからのメッセージが入っていたのを見たんです。 もう4ヶ月も経っていて、私が無視してると思った事でしょう。 許してね。 今日、返事しましたが、届いたかなぁ。

アプリを使って、ブログを書いているので、メッセージが有っても分からないままでした。

もしよければ、個人的に連絡しませんか?
私でよければ、いつでも。

2017/08/03 (Thu) 15:11 | EDIT | REPLY |   

Duke  

Marty Friedman

こんばんは。お久しぶりです。battle scars きいてみます。
ところで、来週マーティフリードマンがセントルイスにくるようですが、今年も行きますか?
私も行ってみたいのですが、決めかねています。
いずれにしろお元気で!

2017/08/04 (Fri) 20:23 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Dukeさん

お久しぶりです。ぜひ聞いてみてくださいね。
私は今回は遠慮するかと思います。
もし聞きに行かれるなら楽しんでくださいね。
前回はとてもいいコンサートでしたよ。

2017/08/05 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

とんでもないです!コメントはいただいていたのでおそらく見れていないのかなとは思っていました。でもいきなりメッセージしたので、失礼だったかなーとは思っていたので、ご連絡いただけてよかったです。でもお返事来ていませんでした…。

ぜひお願いいたします。今度Kikoさんの方へコメントさせていただくときに個人メアド送ります!ありがとうございます。

2017/08/05 (Sat) 08:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment