in Yuimaの料理

あけましておめでとうございます

-6 COMMENT
新年あけましておめでとうございます。今年もペースは遅いですが、時間があるときにブログをアップしていきたいと思います。去年は色々(本当に…)あったので、カメさんと二人で今年願わくばStable (安定した)一年でありますようにと祈りながら2017年を迎えました。

もともと日本食が基本の我が家ですが、大晦日から新年は特に日本文化食が濃くなります。年越しそばにおせちの準備と大晦日は大忙しでした。途中昆布巻き用の戻している途中の昆布をカメさんが食器洗いの途中で洗剤まみれにしてしまい、お店に急遽買いに行くというアクシデントもありましたが、なんとか時間内に終わりました。

きつねそばに日本人の友人のお母様から頂いたお酒。のどごし滑らかで、とってもおそばに合いましたその友人は来週日本へ帰国してしまうので、こちらは寂しくなりますが、日本に行ったときに会えればと願っています。
Photo Dec 31, 6 47 06 PM

深夜まで起きていようと思ったけれど、11時くらいに眠気が頂点に。とりあえず日本の親戚家族に電話。「まだ明けてないんだけど〜」と連絡しました。でも結局夜中まで起きていてベッドの中でカウントダウン。その後がでも大変でした。セントルイスではお祭り騒ぎになると銃を持ち出してくる人が多いんです…。日本のようにしんみりとゆく年来る年なんてありません。近所銃で爆竹と銃乱射の大騒ぎ。空砲なのか実弾入りなのか知りませんが、以前住んでいた場所では頭にお鍋をかぶってカウントダウンした経験もあります。カウントダウン時には出来れば電気も消しておく事。狙い撃ちされないためです。この騒動が延々と1時間半も続き、眠れませんでした。カメさんはスースー寝ていて、ちょっとイラッとしましたけどね風邪薬を飲んでいたので、眠気に勝てなかったそうです。


寝るのは遅かったけれど、朝日は見たいという事で、頑張って朝起きて初日の出も見ました。新しい年に感謝です。
Photo Jan 01, 7 25 48 AM

そしてもちろんお雑煮。カメさんはお餅が大好きなので、毎年冬が楽しみだそうです。実家が名古屋なので、日本では名古屋コーチンを使っていましたが、さすがに手に入らないのでKosher(ユダヤ教の規定に則って用意された食物。)の鶏肉。小松姫もどうしてもないので、ほうれん草。出汁は鰹節で取りましたから味は美味しかったです。
Photo Jan 01, 9 06 36 AM

おせちは祖母からもらったお重に入れて用意しました。セントルイスに住んでもう7年目。日本食材を手にいれるお店も頭に入ってきて、今年はお買い物も結構スムーズに済みました。今年初めて挑戦したのは鳥ひき肉の昆布巻きたたきごぼう。どちらもクックパッドさんです(料理名をクリックするとレシピに飛びます)。今年嬉しかったのはかんぴょうが手に入った事。この際作るかと思いましたが、見つかりました。
15823426_10158194185210107_6817145536625269493_n.jpg

あとうちは卵もいつもはだし巻き卵なのですが、はんぺんの代用で木綿豆腐を使う伊達巻のレシピがあったのでつくってみました。
15823394_10158194184100107_849833593174878575_n.jpg

あとお煮しめですね。カメさんもお煮しめは大好きです。
Photo Jan 01, 9 08 25 AM

日本ではおせちは最近買うもの派が主流と聞きました。アメリカに来ている日本人学生もおせちを食べた事・作った事がないという子達が多いです。でも私のようにかえってこうして故郷から離れている方が文化に固執しやすいのだろうなと思います。ハワイに知り合ってもうすぐ10年になる日系5世のハワイ人の親友がいますが、彼のお家ではお餅つきも家族でするそうです。もちろんしめ縄もあるし、鏡餅もある。ハワイに移住したご先祖が遠く離れてしまった故国を恋しみ懐かしみ次世代に継承していったそうです。そう考えるとなんだか私がこうして毎年おせち作り次世代に伝えていく事も大切なのではないのかなって思うんですよね。カメさんは理解がある人なので助かってますし、将来子供達にも両方の文化をできるだけ平等に教えてあげたいなと思っています。


読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカセントルイス料理新年

  • Share

6 Comments

こぶた  

先程はありがとうございました(*^^*)

アメリカだとは思えない日本らしいお料理の数々✨
日本食材が手に入りずらい中しっかり作られていて素晴らしいです~(≧▽≦)

「故郷から離れている方が文化に固執しやすい」→ そうかもしれませんね!
実際こぶたの周りでおせち料理作る友人1人もいないです(^▽^;)
って言うこぶた自身もおせちは久しぶりに作りましたが(笑)

餅つきも最近は少なくなりました。
最近日本は衛生上の問題でクレームが多いようで、餅つきのお餅も自分の子供に食べさせたくないと考える親が多く、餅つきはパフォーマンスで皆が食べるのは機械で作ったお餅を出すとTVでやっていました。
こうして日本文化に触れる機会がなくなっていくのは寂しい事です。

遠く離れたアメリカの地で良き日本文化が受け継がれている事を知り、とても嬉しく思いました☆

これからも宜しくお願いいたします♪

2017/01/01 (Sun) 15:59 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

こぶたさん

早速の来ていただいて恐縮です。コメントまでありがとうございます。
色々工夫して作っております。クックパドさまさまですね。さすがに日本へ里帰りしたときに買う食材(黒豆など)もありますが、セントルイスは意外に日本食があるので助かっています。セントルイス以上田舎には将来住む予定はないので、毎年作れればなぁと願っております。

衛生士の問題でお餅付きもないなんて悲しい。セントルイスの日本語補習校では毎年お餅付き大会があるんですよ。搗き立てのお餅を美味しそうに子供達が頬張っています。ちゃんと臼と杵でつくお餅は日本ではかえって珍しいのかもしれませんね。こうして時代の流れに取り残されてしまうのも実は悲しいものもあるのですが。

こちらこそよろしくお願いいたします。

2017/01/02 (Mon) 10:04 | EDIT | REPLY |   

Kiko  

Yuimaさん、明けましておめでとうございます。 素晴らしいわ。 御節もお雑煮も何でも作るなんて。 私は、一度も御節もお雑煮も作った事無いです。 多分、私本人が、あまり好きで無いからかもね。 Yuimaさんの家では、カメさんも一緒に食べてくれるから良いですね

本当に子供たちに申し訳ない程、日本の文化を受け継いでませんわ。 子供たちは、学校のおかげで色んな日本の文化を学んで来てます。 しかも日本が大好きな様です。

一応、子供たちが好きな日本食は、作るんですよ。

Yuimaさんは、いつか、素敵なお母さんになるだろうなぁと想像しています。

2017/01/02 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   

Piyosophy  

あけましておめでとうございます(^O^)
こぶたさんといつの間にか繋がってて驚きました〜✨同じ名古屋ご出身なのですね!!

おせち、去年は作ったのですが、今年はサボりました:(;゙゚'ω゚'):Yuimaさんのおせち、実に素晴らしい出来✨
お重もお祖母様から頂いた物っていうのが素敵です!日本の実家では、結局おせちは作らずにどこぞのデパートに注文してあったのを食べているらしいですよ…昔は手伝わされたものですが段々とおせちの食文化が廃れてきているのはとても残念です。
Yuimaさんの記事を読んで、私も来年は作るぞ〜と決心させて頂きました(^_^)ありがとうございます✨

2017/01/04 (Wed) 14:44 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
私は小さい頃からなぜかお節系のものが好きで、インターネットなどあんまり普及していなかった頃に本屋さんでNHKの今日の料理のお節特集など買って集めていました…。意外にこういうものが好きなんですよね。夫が食べてくれるのは助かっています。嫌いな人だと作っても一人で食べることになり、もったいないですものね。

日本が大好きなら良いじゃないですか!学校が多文化を教えているとブログに書いていらっしゃいましたものね。そういう学校に行かせたいなーと思っていますが、なかなか難しそうです。子供ができたら押し付けにならないようにしないとなーと思っていますが、なかなかそれも難しそうです。Multicultural counselorって自負があるので、逆に育児のことやら将来のことやら色々すでに心配しております。まだ授かってもいないのに(苦笑

2017/01/06 (Fri) 15:56 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Piyosophyさん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
そうなんです。繋がらせていただきました。両親が名古屋で、私も昔は一年に一度は帰省していたので(いまでも帰国すると名古屋に寄ります)、名古屋が第3の故郷って勝手に思っているんですよね。思えるほど名古屋歴長くはないのですが・・・。

お節時間もかかるし、大変だし、作りませんよねー。一応頑張っていますが、いつまで続くやら。祖母からもらったお重は別に大したものではなくプラスチックなのでいつかちゃんと漆のをと思っていますが、取り扱いが楽で良いですよね。

私も実家は母がアメリカの人と再婚したので、お節なしです。母は別にそこまでお節に以前から思い入れがあったわけでもないですし(私が勝手に昔から作っていただけで)、逆にやること一つ減って喜んでいるみたいです。でもこうして文化が廃れるのは本当に悲しいです。帰国するとタイムマシンに乗ったみたいについていけないこともあるし…。海外在住者の悩みなのでしょうね。

2017/01/06 (Fri) 16:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment