in STLの暮らし

ポケモンGO

-6 COMMENT
今週中には日本でもサービス開始と囁かれている、ポケモンGO。全米ですんごい人気です。どれだけ人気があるかというと、アメリカの肥満問題やうつ問題を解決してくれるかもレベル。アメリカのポケモン人気はすごい。先週ポケモンGOは最初オーストラリアとニュージーランドのみでサービスが開始されるはずでした。多分将来の宣伝に使える絵が撮れるのが理由と、オーストラリアでのポケモン人気が強いからでしょう。でも開始された数時間後にアメリカでもサービスがいきなり開始。

理由:アメリカのゲーマーがこぞってイギリス経由の公開サイトを利用し、サーバーがパンクしたから。


このまま毎日パンクさせられたらたまらんぞって思ったのかどうか知りませんが、結局同日開始され、アメリカのゲーマーは大喜びです。日本ではポケモンは子供のものなのですが、日本を一歩出ると違いますね。ポケモンは大きなお友だちが遊ぶものなんです。みんな幼少時代からポケモンで育ってきたので、メランコリックな感じなんでしょうね。
スマホがあれば使えるし、ゲームにつきっきりでなくて良いのも人気なんでしょう。手軽です。私も最初はポケモンなんてって思っていたのですが、旦那に影響されてちょっと初めてしましました。


アプリを開くと、まずこんなのが出てきます。周りに気をつけて遊んでくださいねーってことですね。バグが多くて、ここでフリーズすることもたくさんありますが、気長に待ちます。
PokeGo6.png

Google mapを使って自分の居場所が映し出されます。この周りにポケモンが表示されたら、ゲットできます。
PokeGo2.png

近くにどんなポケモンがいるかわかりますが、散歩とか書いてあっても結構歩いて探さないといけない時もありますし、表示されていないポケモンがいきなり出現することもあります。
PokeGo7.png

これは近くにSpearowが出た瞬間。このポケモンをタップすると、ゲットする画面になります。

PokeGo9.png

こちらは超レアポケモンのピカチュウをゲットしているところ。なぜか近所にいきなり現れました。私はゲットできたけど、カメさんは残念ながら逃げられてしまいました。でもレベルを上げる+進化させるのには同じポケモンを集めてキャンディーをゲットしないといけないので、この弱々しいピカチュウはこのまま弱々しいままで終わりそうです。ピカチュウなんてレアすぎてなかなかお目にかかれないですしね。
PokeGo3.png

PokemonGoがエクササイズに良い、うつの人に良いとか言われているのは、歩かせるゲームだから。町のあちこちにあるPokeCenterというのあるのですが、そこで色々なアイテムをもらえます。ポケボール、ポーション、ベリー、卵など。卵は一つ一つ何キロ歩いたら孵化(2−10キロ)すると書いてあって、その距離を歩くことで孵化します。

PokeGo8.png


ポケモンをゲットしたり、卵を孵化させたりして自分の経験値を上げていきます。経験値が高くなったらジムマスターと対決できます。勝つことができれば、そのジムを制圧できますが、他のプレイヤーに負けてしまったらジムを追い出されます。三色のチーム(赤、青、黄)をあるレベルになると選択できて、陣地合戦ができます。ちなみに私は赤。理由は、3チーム唯一の女性リーダー(架空)だったから。写真のは残念ながら青に取られてしまったジムです。
PokeGo4.png


PokemonGoとっても人気です。仕事終わってから散歩にカメさんと行くと結構同じように携帯持ちながら歩いている人を見かけます。たまに、「どこのチーム」とか「レアポケモンここにいたよ」とか情報交換。決まって大人の人が多いのが気になりますが…。知らない人でも気軽に話せるっていうのはアメリカの文化ではすんごい変化ですね。みんな普段は警戒心が高いからw PokemonGoを利用しての犯罪や、運転中に使用して事故ったというニュースもあるのですが、基本みんな楽しんでいます。引きこもっていた人や、うつで外に出れなかった人がこのゲームをきっかけに歩き始めたというニュースもあります。まだまだ改善点はありますが、とりあえずまずまずのスタートなんではないでしょうか。

読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカゲーム

  • Share

6 Comments

みっち  

PokemonGO、すごい人気ですよね(*'ω'*)
私の周りもみなさんやっておられます。

へー!肥満、うつ病にいいとはっ!!

ポケモン、ピカチューしか知らないけど私も初めてみようかしら?!

みっち

2016/07/14 (Thu) 08:47 | EDIT | REPLY |   

Kiko  

私の息子たちと若い世代の友達が、これをやっています~~~。 私の歳になると『何、それ? そんなややこしい事できない!』で終わりです。 笑

でも、Yuimaさんの説明を読み、面白そうと思ったわ。 これって、外、歩かないと駄目なんですよね? 

2016/07/14 (Thu) 10:05 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

みっちさん

すごいですねー。日本でも配信されるそうですが、まだ決定していないそうですね。
そうなんです、思いもしない効果がw 
でもすでに自分の代わりに歩いてくれるバイトが登場しているそうです。

私もピカチュウくらいしか知らなかったのですが、いろいろ勉強させられています。
ブームがいつまで続くかなーとは思いますがね。

2016/07/14 (Thu) 16:56 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

私も最初は半信半疑で、別にいいやーって思っていたのですが、旦那の代わりにちょくちょくいじっていたらはまってしまいましたw
任天堂の思う壺ですね。

そうなんですよー。車とかで早いスピードでチートできないように、30マイル(おそらく実際は20マイルくらい)で動いていないと換算されないようになっています。外にいた方が確実にポケモンに遭遇する確率が多いので、散歩とか行く機会が増えたのはいいですね。

2016/07/14 (Thu) 16:58 | EDIT | REPLY |   

poke  

こんにちは。
公園に子供を遊ばせに行くと、スマホを見ながら歩いている人をたくさん見かけるようになりました。今は夏休みなので昼間は中高生くらいの年の男の子をよく見かけますよ。
うつ病解消、肥満解消は素晴らしいと思うのですが、うつむいてスマホを見ながらぶらぶらさまようお兄さんたちを2,3歳の子が不思議そうに見ているのがなんだか微妙。。
カリフォルニアはアウトドアが盛んなので、できれば健全に駆け回って欲しい、と思いつつ私も出産前はスマホゲームにはまった時期もあるので何とも言えません(^^;)

2016/07/19 (Tue) 15:10 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Pokeさん

確かにそうですね。スマホを見ないと遊べないので、(一応教えてくれる機能がついたデバイスも売り出されるようですが・・・)、なんか異様な光景だとは思いますw それを子供達が真似をするのは好ましくないですよね。

アウトドアが盛んなのは素晴らしいです。セントルイスも見習いたいと思いますが、外は危なくて・・外に出れない、または車がないと公園までいけないというのが足が遠のいてしまう理由なのでしょうね。

2016/08/07 (Sun) 11:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment