スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エチオピアン料理

セントルイスって南部(というか中央なのですが北部か南部かという定義では南部です)+そこまで大きくない市なので、そんなにインターナショナルじゃないんじゃないのー?ってよく言われます。でも意外や意外に文化の坩堝なんです。100をも越す世界中の国から来た移民が形成しているセントルイス。アジア系では中国、ベトナム、フィリピン。ヨーロッパからはイタリアやフランス、中でもボツニア(元難民)のグループは大きくアメリカでも一番多いと言われています。最近はアフリカからも増えてきていますし、今年は1万人以上のシリア難民をセントルイスで受け入れる予定です。なので、セントルイスは大多数の方が思っている以上に多様性が多い場所ではあるのです。もちろんシカゴや、ニューヨークとは比べものにはなりませんが・・・レストランもおかげさまで結構いろいろな国の食文化が楽しめます。

今日ご紹介させていただくのはできれば月に一度は行きたいと願っているレストラン。Merhaba。元はQueen of Shebaと歴史オタクの私の心をくすぐる名前だったのですが、何ヶ月か前にオーナーが変わり、いろいろと変わってしまいました。このお店では本格的なエチオピアン料理が楽しめます。東アフリカ料理と書いてありますが、出てくるのはエチオピア料理です。
QueenofSheba2.jpg

中に入ると、とりあえず人がいないのに驚かされると思います。私たち以外のお客さんはだいたい多くて2組ー3組。私たちだけということもあります。どうしてこれで経営が成り立っているのかは長い間の疑問ですが、こんな感じで7年続いているので、きっとサイドビジネスがあるのでしょう(もしかしたらレストランがサイドビジネスなのかも)。おじさんが迎えてくれます。サービスはあんまり良くはないですが、フレンドリーなおじさんで(たまに)サービスでデザートとかもだしてくれちゃったりします。今回行った時はオーナーのおじさんは自国に短期で帰国していて会えなかったです。
QueenofSheba3.jpg

いつものオーダーをして待つ事15分、出てきました!!私たちがいつも頼むのは、ベジタブルコンビネーションとミートコンビネーション。二人でお腹いっぱい食べて残るくらいのボリュームです。このクレープをインジェラと言い、好きな具材をナンをカレーで包む要領で取って手で食べます。インジェラはイネ科のテフという穀物を三日間発酵させて(ここ重要)焼いて作るそうです。発酵させてからなのか、結構酸っぱくてもちもちの蒸しパンのような食感です。これが野菜やお肉のシチューに合う!!お腹になっても無理して食べたくなってしまう美味しさです。ネット上ではインジェラまずい説が多く、「見た目雑巾、味はゲロ」と散々ですが、私は大好物の一つです。大体食べ物をそういう風に呼ぶのはマナーとしてどうかと思いますがね。とりあえず、もしセントルイスにいらしたらぜひ試してみてくださいね。
QueenofSheba.jpg

お店情報
Merhaba.
6665 Olive Blvd.
St. Louis, MO, 63130
P: 314-833-4477
http://www.merhaba-stl.com/

読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカ セントルイス 料理 レストラン

- 6 Comments

majyosan  

エチオピア料理ですか。セントルイスはほんとに多文化ですよね。
従妹の働く病院でもボスニアの難民の人たちが大勢働いているそうですよ。
まじめな人たちだと言ってました。

でもリタイアメントホーム?に入られた日本人のお医者さんは 日本人はそのご夫婦二人だけだと淋しがってました。
カリフォルニアやシアトルなら いっぱいだそうですね。
日本料理店は高くて困りますね。
このクレープは 見た目がちょっとそば粉のクレープみたいですね。野菜に合いそう。
発酵食品は好き嫌いがあるかもですね。

2016/05/31 (Tue) 20:27 | EDIT | REPLY |   

空  

食べたかったんですよ〜〜❤️

もうね〜憧れと言ってもいいくらい

「ベジタブルコンビネーション&
ミートコンビネーション を下さい」
…って注文していいのですね!

yuimaさん貴重な情報本当にありがとう‼︎
私みたいな老人には食が生き甲斐ですから(笑)

2016/06/01 (Wed) 17:47 | EDIT | REPLY |   

Kiko  

こちらにも2件ほどエチオピア料理のレストランが有るみたいですが、私は、行った事無いです。 大変悪い表現と言うか、食べた事ないのに判断する私がいけないんですけど、イメージ的に土を食べてる感じ・・・で食べたいと思わないのよ~~~。 それと昔のように何を食べても美味しい~と思う年齢でないからかな? エスニックなスパイスとか一杯入った食べ物は、完璧にアウトです。

セントルイスもCharlotteと同じく色んな文化が混じっている街のようですね。 だから、住みやすいのかもね。

2016/06/03 (Fri) 08:03 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

majyosanさん

ボスニアの方って真面目な方が多いですよね。
私の元同僚もとっても真面目でしたが、明るい方でした。

確かにシアトル、カリフォルニアは多いですね。
シアトルは新しい日本人コミュニティよりも昔からある、第二世代第三世代が多いと聞きました。実は将来的に移住するのはシアトルを考えているんですよー。子供のためにも日本文化とアメリカ文化が混在てきているところがいいと思いまして。
発酵食品は本当に好き嫌い分かれるので、どうなのかなーと思うのですが。私が連れて行った友人(日本人含む)は結構大丈夫でした。お肉と野菜の味付けがしっかりしていて、スパイシーなので、クレープと合うんでしょうね。

2016/06/03 (Fri) 16:40 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

空さん

そうだったんですか!?いやーこの記事アップして良かったです。

コンビネーションすると(お値段も2倍ですが・・)、ぜーーーーんぶ一緒に写真のように盛り付けてくれます。
友人なんてラムが無理なので、ビーフダブルにしてもらっていましたし。他の(てかセントルイスにはもう一軒しかないですが)お店では知りませんが、ここでは結構融通ききますよ。

お年寄りって・・・まだまだ若いじゃないですかぁ。私も食にかける情熱は高いですけどね!

2016/06/03 (Fri) 16:43 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

スパイス系が苦手ならばやめたほうがいいですね(きっぱり!!)w 
すんごいスパイス使っているので、以前連れて行った辛いものダメな友人は食べるのに苦労していました。
私の舌はもう麻痺っていますので、スパイス系大好きなんです。

やはり都市部は異文化が混在しているところが多いですよね。そのほうが私も住みやすいです。

2016/06/03 (Fri) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。