in ニュース

来年のACA学会開催地巡り・・・

-2 COMMENT
ちょっと今週飛び込んできたニュースに舞い上がっております。

モントリオールで参加してきたACA(アメリカカウンセリング学会で一番デカイ学会)学会は毎年アメリカのどこかで行われます。今年はカナダでしたが(北米つながりということで)、何年か前はハワイ。ミズーリでもやったこともあると思います。

で、2017年の開催地はテネシー州のナッシュビルで決定していたのですが、この度ACA側が取りやめました

もう一度言います、ACA側が取りやめました


そう・・・・・一介の学会がせっかく頂いた場所をもう予約も契約金も払っちゃったのに、取りやめちゃったんです


テネシー州のお偉いさん方を敵に回す暴挙でございますね。さすがにこれはするとは思いませんでした。

さて事の発端は、テネシー州で先月(4月27日)新たに通った法律にあります。通称”Therapist bill”。正式名Senate Bill 1556。簡単に法律の内容をまとめると、「カウンセラーのところに来たクライアントがゲイだったら、差別しても、その結果断っちゃってもいーよ」っていう法律です。カウンリングの倫理論(Ethicといいます)をご存じない方は、(・_・?)だと思うのですが、これカウンセリング倫理における、最も大切なクライアントのことを一番に考えるという大前提「カウンセラーはいかなるクライアントも差別していけないし、それによってサービスを拒否るなんで言語道断」を真っ向から否定している法律になってしまったんですね・・・。じゃあカウンセラーの宗教や信仰の自由はどうなるのかと聞かれることがあるのですが、ACAの一貫している態度は、じゃあカウンセラーになるんじゃねぇとかなり喧嘩腰です。事実何年か前にどっかの州で修士レベルの学生が不当に退学にされたって州立大学相手取って訴訟したんですけど、その時もACAは完全に大学側でした。学生の訴訟理由は「自分の宗教的信仰でLGBT相手にはカウンセリングすることを拒否しますって言って、本当にカウンセリングしなかったら退学勧告されました」。大学側は「カウンセラーがクライアントを差別することなくカウンセリングを行うということは授業中でも何度でも説明していること、残念な結果だが、こちらのポリシーを曲げるわけにはいかない。」ACAは先ほど言ったように大学側。結局大学側が勝ち、前例を残した形になりました。まぁもちろん倫理ではそう言っていますが、まだConversion counseling(簡単にいうとLGBTをストレートに”治す”治療)は存在しますし、CACREP(あるスタンダード以上だと認定する)でない小さい大学ではLGBTのクライアントに対しての対応を宗教と絡めて先ほどのConversion counselingを認めている場所や、そこまで強く倫理学を教えないところもあるそうです。

ちょっと説明が長くなってしまいましたが、この倫理に反するという理由でテネシー州での会議は取りやめました。その中止による経済的損害は思ったよりも多く、三千人が集まる学会が潰れると、下手すると10ミリオンドル(日本円で約1000万円訂正10億円です)の損害になるとUSATODAYで取り上げていました。断固として戦う姿勢ですねこのせいで将来テネシー州での学会は断られるかもしれませんし、同様な法律が制定されている州(ノースカロライナ州やミシシッピ州)ではACA学会ができない可能性もあります。この先どうなるかはわかりませんが、ある意味歴史的瞬間にメンバーだったということに誇りは感じます。カウンセリングフォーラムではもう今週ずっと大騒動になっております。どこに決まるかは未定ですが、来年の学会がいまから楽しみです。

読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アメリカ料理カウンセリングLGBT

  • Share

2 Comments

Kiko  

今日のブログを読んで、ここノースカロライナ州では、HB2 (House Bill 2)の問題が異常なほど大騒ぎになって、次から次から、ミュージシャンや大企業がここに来ない攻撃を受けています。

House Bill 2で問題になっているのは、産まれた時の性別でどちらのトイレへ入るかを決める (ロッカールームも)。 つまり、性別を変えた人間でも、産まれた時のBirth Certのままの性別でトイレを使うと言う事です。 私の住んでいる街は、これに反対したのですが、州都が却下。 ゲイであろうが、性別を変えた人間であろうが、男で生まれたなら、男のトイレを使えと。 女性も同じ。 

もう大騒ぎです。 保守派は、性別を変えたふりして、女性のトイレに入ってきて、子供を犯したり女を犯したりされたら、たまらないと大反対。 

州都がこの状態ですから、私の街(ノースカロライナで一番大きい街)が幾ら反対しても大変です。 現在、州都は、アメリカ相手に戦ってます。 情けないですよ。 

テネシー州でも・・・同じような事態が起こっているのですね。 

当分、この戦いが続くので、一般人は、正直言って呆れかえってます。 私たちが一番に被害をこうむるわけで。

ところで、日本円で1000万円でなくって、10億円ですよね。 

2016/05/14 (Sat) 06:41 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

大変ですよね。ノースカロライナは保守的な州で知られているので、難しいのでしょうが・・・。困りました。私たちカウンセラーも困っています。

スーパーマケットのTargetも最近Bathroom lawで話題になっていますよね。TargetはUnisexのおもちゃ売り場を始めに、今度はUnisex bathroomの設置をしたそうですが、それに対応してボイコットとか起こっているようです。今まで、自分の性別と違うトイレを使っていた事態の方がある意味問題だと思うのですが・・・。

ご指摘通り10億円です。修正しておきましたが、いつまでたってもドルから円への変換が苦手です。何かコツとかあるのでしょうか?

2016/05/17 (Tue) 17:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment