in 博士号への道

モントリール旅行2

-6 COMMENT
モントリオールに着いたのは朝の11時ごろ。シカゴで乗り継ぎでした。モントリオール空港ではなくシカゴ空港で両替をしようと思っていたのですが、なぜか開始時間になっても閉まっていました。係りの人が気がついてくれて、開けてくれるのかと思ったら・・・「開けれないしいつ開くかもわからないから」と言われ、断念。カナダで両替する事にしました。でも着いた早々、トラブルが。

全部フランス語。

そう、モントリオールはカナダ唯一公用語がフランス語と英語なんです。一応予習して知っていましたが、ここまでとは。
下の写真はバスの切符。英語はありませんでした(T_T)
カナダチケット

なので両替もちょっと大変。相手はちゃんと英語が少しできたので、なんとかなりましたが、雲行きが怪しい旅行の始まりとなりました。

先ほどのチケットをなんとか購入してホテルにバスで行きます。運転手さんはフランス語しかできない+バス停というものがない+車内放送もない=自分の降りる場所がわからないという事になってしまいました。
仕方ないのでgoogle mapで位置情報を確認しつつ、他の学会に来たらしい車内で知り合った他の人と場所を推測しながら進みます。なんだか不思議なアドベンチャーみたいな感じでした。他のお客さんも空港からなので観光客が多く、場所がわからないのは同じでした。そんなこんなでなんとかホテルに到着。チェックインは3時からだったので、荷物だけ置くつもりでしたが、入れてくれましたヽ(´∀`)ノ

その後一人で街にアドベンチャー。メトロに乗って、学会会場に向かいます。メトロはなんだか横浜の地下街って感じでした。お店がちらほらあって、カフェとかもあってという感じでしたね。もちろん全てフランス語ですが。
IMG_2170 2

学会会場に行く前に寄りたい所がありました。ノートルダム聖堂です。ホテルから駅で二駅でした。駅から徒歩5分くらいで見てきました、ノートルダム聖堂です。残念ながら曇りでしたので、なんか呪われた屋敷見たいなっていますが、モントリオール・ノートルダム聖堂です。拝観料5カナダドルなので、現金で用意しておくといいですよ。
IMG_2201.jpg

期待を膨らませながら中に入ると、

IMG_2184 2

IMG_2183 2

まさに青の世界。言葉を失う美しさでした。しばらく呆然と見ていました。写真だと美しさは表せないのが残念です・・。

その後はようやく学会会場へ。
会場では来年度の学会申し込みもできます。この時に申し込んでおくとちょっと安くなるのですが、私はお財布と相談しないといけないので今度にします。学会って以外と高いんですよ。参加費だけで万単位ですし、学生だと別に学校が出してくれるわけではないので、ほぼ自費です。キャリアアップにはなりますが、痛い出費ですよね。安く行く手としてはボランティアをすること。ボランティアすると、参加費が免除される学会もあります。私は仕事があるのでしませんが、修士レベルだとボランティアして参加費を浮かせて参加する人もたくさんいます。
IMG_2168 2

名札とリボンをもらいます。リボンはこれ以外にもたくさんあり、自分に当てはまるものをもらいます。ACAとはAmerican Counseling Associationの略です。
IMG_2198 2

せっかく来たので、会場にある本屋さんも覗いてみました。ここでカウンセリングの本がたくさん買えます。時間を狙っていくとサイン会もやっているそうです意外とミーハーが多いのがアカデミックの世界です。

IMG_2187 2

こちらは大学などの宣伝とキャリアセンター。実際今年ここでインタービューしてアシスタントプロフェッサーとしての大学院勤務が決まった人がいました。うちの学部の学生なんですけどね。
IMG_2174 2

足も疲れたので、今日はここで帰りました。
ホテルの横にあるレストランで夕食を。
IMG_2175.jpg

オーダーしたのは生ハムのピザ(半サイズ)とパスタ(半サイズ)のセット。ピザは美味しかったのですが、パスタがかなりイマイチ。あと、量が多かったです。
IMG_2179 2

このお店面白いところがあって、パンビュッフェなんです。2種類のパン(白、全粒粉)があって、バターも三種類(トマトバジル、ガーリック・オリーブ、普通のバター)あります。
IMG_2206.jpg

好きなのを選んで自分で焼いて食べる・・・。ビュッフェといっても、パンばかりあんまり食べれませんが話のネタには良いかもしれないですね。
IMG_2178 2


読んでいただきありがとうございました。ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カウンセリング博士号

  • Share

6 Comments

Kiko  

カナダで有りながら、カナダ人の少ない学会だったのですね。 私は、てっきり、アメリカ人の学会だけど、ちょっとお洒落にカナダで行われたと思っていたのよ。

でも、海外だったら、お金も必要以上に掛かって、行けない人も多いですよね。 Yuimaさんの話だと学会だけでもお金が万単位で掛かるって書いてあったし。 何でもお金が掛かるよね。 全く!

Yuimaさんのフォトで観てもノートルダム聖堂、素敵ですから、実際に見るともっと凄いのでしょうね。昔の人たちって、凄いと思いません? 何もない時代にこんな立派な建物を作り上げるなんて。 今でこそ、オンラインで何でも調べられるけど。

パンのBuffetなんて・・・。 私だったら、飛び付きそうよ。 でも、日本のパン屋見たいのと大違いだろうから、期待できないね。 笑

2016/05/07 (Sat) 07:10 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kikoさん

いや、アメリカの学会だけど、将来のことを考えてカナダでやったんです。カナダの学会とも合同だったのですが、カナダ人が意外に少ない学会でした。
お金かかって大変ですよー。なので、やはり教授や学生に限られますね。教授は学校が払ってくれる場合が多いですし、旧友と会うためにやってきているそうですよ。学生はまぁ私のようにプレゼンして、キャリアアップのためですね。修士レベルでプレゼンする人は少ないですが、ボランティアできているようです。

ノートルダム聖堂綺麗でしたよーーー、写真では全然その美しさが伝えられないのが悲しいです。とても美しい教会でした。感動しましたよ。

うーん日本のとは全然比較になりませんでした。大体食パンばっかそんなに食べれませんw 話のタネにはなりますけれどね。

2016/05/08 (Sun) 09:24 | EDIT | REPLY |   

Piyosophy  

お久しぶりです!
カナダまで学会で行かれていたのですね。学会で国境を越えるなんてカッコよく聞こえますが実際は移動も金銭的にも大変なものですよね!お疲れ様です(´Д` )
ノートルダム聖堂がカナダにもあるのですね。青の世界、美しいですね!ヨーロッパの大聖堂とはまた雰囲気が違って見えます✨

2016/05/09 (Mon) 06:57 | EDIT | REPLY |   

ワキ  

私も昔、トロントから車で北上しケベック州に入った瞬間に、全ての標識がフランス語になって、通りの名前すら読めずにすぐに迷子になりました(笑)

ノートルダム大聖堂は圧倒されますよね〜。

2016/05/10 (Tue) 10:20 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Piyosophyさん

ご無沙汰しております。
カナダまで行ってましたw お財布には痛い旅行でしたが・・。お隣の国ですが、文化も言葉も違いとても良い経験になりました。
19世紀に造られた教会ですが、一度は火事で消失してしまったそうです。カナダの大聖堂とヨーロッパの大聖堂、将来比較してみたいものです。

2016/05/13 (Fri) 14:23 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

ワキさん

そうなんですよね!!英語も通じるからーとタカをくくっていましたw 
意外なほど英語表記がなく、本当に焦りました。

でも、とても良い経験ができましたよ。

2016/05/13 (Fri) 14:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment