in STLの暮らし

アメリカの学校のバレンタインデー

-8 COMMENT
私のお仕事はカウンセリングですが、クライアントのお家だけでなく学校にもお邪魔します。先日二つの学校へクライアントさんに会いに行ったのですが、両方の学校でバレンタインのパーティーをしていました。仕事中ですし、守秘義務があるので写真は撮れません。今回は私の拙い文章だけで失礼します。アメリカでは言わずもがなの男性から女性にプレゼントをあげるのが通例ですが、アメリカの小学校では果たしてどうするのだろうと私も興味津々。

以下、私のバレンタインデーのQ&Aです。


Q1アメリカの小学校で、バレンタインデーは祝うのか祝わないのか・
A1 祝う(。>ω<。)ノ。めちゃくちゃちゃんとお祝いするんですね。それぞれのクラスでやるので学校全体で一緒ではないそうですが、時間をとってお祝いするそうです。


Q2 アメリカの小学校では誰が誰にあげるのか。
A2 特定の個人ではなく、クラス全員からクラス全員でした。クラス全員分のにあげる分をををあらかじめ一人一人用意してあり、それを各自机の上に置いた箱/バッグに入れてあげていました。これだとみんな平等にプレゼントがもらえますね。


Q3 アメリカの小学校では何をあげるのか?
A3 大体が小さいかわいいカードに相手の名前と自分の名前を書いたものか、シール、小さいキャンディーなどでした。チョコをあげていた子はあまりいなく、鉛筆やキャンディーとかが主流でしたね。ひとつひとつは小さいのですが、クラス全員からもらうとかなりの量になりますよね。


Q4 日本の小学校ではバレンタインデー=告白の日ですが、アメリカバレンタインデーは?
A4お友達や先生にありがとうを言う日なようです。お互いに相手の好きなところを書いて、友人としてありがとうという気持ちをお互いに。


パーティーは生徒の親御さんも手伝いに駆り出され、ジュースやお菓子が振舞われ、子供達みんなはとっても楽しそうでした。子供達の笑顔はこちらも幸せにしますね。

皆さんにもハッピーバレンタイン!!


ランキング参加しています。お願い致します。テトは家族ランキングに、セントルイスシティーホールはアメリカ中西部ランキングに送られます。

にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

アメリカセントルイスバレンタインデー

  • Share

8 Comments

Piyosophy  

NoTitle

こんにちは!小学校でみんなでお祝いするんですね!しかも、男女関係なく感謝を伝えるっていうのが素敵ですね〜✨バレンタイングッズで溢れる街を見ると、本来の意味を忘れてはいけないなと思います!ただ、欧米式のお祝いは好きです!女性は気分が良いですよね(^ ^)

2016/02/15 (Mon) 02:29 | EDIT | REPLY |   

Kiko  

NoTitle

子供たちが小さい頃の事を思い出しました。 学校も必ずクラスみんなの分を用意しましょうとノートが送られて来たものです。 鉛筆とかシールとか消しゴムとか。 一粒の小さいチョコとか。 

でも、これって、小学校までだったわ・・・。 その後は、お祝いなんてあったのかな? 多分、皆照れくさくって、バレンタインどころじゃないんだろうね。 

2016/02/15 (Mon) 13:47 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Piyosophy様

そうなんですよ!!男女関係なくみーんな一緒です。先生にあげている子もいて微笑ましかったですよ。
やっぱりハートやピンクは人気で、とっても可愛い雰囲気に包まれます。
確かに本来の意味は聖バレンタインを偲ぶ日なんですよね。ここまで商売根性が強い街中を見ているとなんだかなーって思いがします。

2016/02/15 (Mon) 22:56 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kiko様

お子様がいらっしゃるKiko様なのでやっぱりと思っていました。
やはり小さいプレゼントを用意しますよね。お母さんたちは小さいスナックとか。アメリカの学校は親が結構関わらないといけない行事があるから、将来ちょっと大変かもって今から不安がっている私です。

小学校までだったんですか!?私は偶然その日は小学校だけでカウセリングだったので、中学とかはチェックできませんでした。でもさすがに中学いくと照れくさいですよね。

2016/02/15 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Kiko  

コメント第二段

又、お邪魔しています。 中学生になると決まったクラスルームでの授業がなくなり、移動が多いから、バレンタインディーのお祝いなんて出来なくなるんだろうと思います。 まあ、それと照れくさいのが一番の理由でしょうけど。

小学校の時は、本当に親が大変です! 私もしょっちゅう学校に行ってました。 だから、子供さんが2-3人いて、しかも違う性別だともっと大変! 頑張っているママさん多いです。 でも、何もやらないママさんも多いです。 笑 

2016/02/17 (Wed) 11:58 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/19 (Fri) 08:30 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kiko様

Kiko様ならコメントいつでも大歓迎。嬉しいです。

なるほどーな分析でした。確かに移動が多いですよね。それにアメリカのミドルスクールですもんね・・・・。最近CNNでいちばん親が頭を悩ませる年代だとか記事になっていましたし、(カウンセラーとしても同感)色々繊細な時期ですよね。納得です。

やっぱり大変なんですね!!子供にしてはちゃんと親が見ていてくれるっていう安心感があるのでしょうが、仕事しているママさんとかだと両立が難しそう〜。まだ何年も先の話ですが、ちゃんと考えていきたいですね。

2016/02/19 (Fri) 12:23 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Nao様

お返事が遅くなり申し訳ありません。返事をと思ったのですが、公共の場なので(こちらからはNao様のみのコメント返信ができないので・・・)詳しいお返事は控えさせていただきたいと思います。いろいろ大変な思いをされたのですね。その経験がきっと将来の夢に役に立つと確信しています。もう少ししばらくお話をしたいなと思いました。もしお時間がありましたら、Yuimashope@gmail.comのほうに簡単なメールをいただけると幸いです。何か将来ご相談に乗れることがあるかもしれませんし。お待ちしております。

2016/02/27 (Sat) 16:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment