in STLの暮らし

クリスマスディナー

-6 COMMENT
.゚+.(・∀・)゚+. Merry Christmas .゚+.(・∀・)゚+.

今日はクリスマス当日。ただいま朝の11時半でございます。カメさんが研究室にいっている隙にブログを書いています。遅筆の私がカメさんが帰ってくる前に書き終わるかは未定ですが、頑張ります


昨日はクリスマスイブでしたが、カメさんの家族を呼んでのクリスマスディナーでした。初めての七面鳥に挑戦したのでドキドキでしたが、


結果は・・・・



成功いたしました
カメさんの家族も喜んでくれて、本当になんとかなりました。終わった後は二人とも信じられないほど疲れていて、しばらく立てないくらいの状態でしたが・・・


いやー、一週間から毎夜緊張と不安で眠れなかったので、終わって心底ほっとしております。カメさんは主に家の掃除とデコレーションを、私は料理担当だったのですが、カメさんがいなければ成功しなかったと心底思います。アメリカでのクリスマディナーは初挑戦の私。色々なことが”初挑戦”で本当に緊張しました(ノ_<)


今年のクリスマスディナーのテーブルに並んだのは 
- 七面鳥
- マッシュドポテト(クリスマスツリーサラダ)
- キャロットポタージュスープ
- グリーンビーンズ
- グレイビーソースとクランベリーソース
- ブッシュドノエルケーキとシューレン&クリスマスキャンディー
- スタッフィング・ドレッシング

一番不安だった七面鳥のレシピですが、色々なサイトを見て自分なりにアレンジしてみました。将来忘れないためにちょっと書き留めておこうと思います。七面鳥はレシピによっては三日がかりなのですが、カメさんが二日で終わる方法を見つけたので、それでやってみました。七面鳥はお肉が淡白な味+結構パサパサしているので、Brine(塩で漬ける=浸け置く)のが必要です。スープに1日浸け置く場合が一般らしいのですが、それだとしっとりはするのですが風味が逃げてしまうことがあると知ったので、私たちは塩と重傷を使ったドライBrineをしてみました。

今回は14パウンド(6キロ)の七面鳥に挑戦。大きさによって分量も焼く時間も変わるので気を付けましょう。
CD20151.jpg


焼く前日に1週間ほどかけて解凍しておいた七面鳥を洗います。
CD20153.jpg

中から内臓が入った袋と頭が出てきます。スタッフィングに入れて使う人もいるのですが、カメさんが内臓が嫌いなので、私たちはもったいないですが捨てました。ちゃんと体の中まで水ですすぎましょう。
CD20154.jpg

コーシャーソルトと重傷を混ぜたものを塗り込みます。皮の中も忘れずにきちんと塗り込みましょう。コーシャーソルトはユダヤ教のトーラー(ユダヤ教典)の教えの血を取り除くために使われます(ユダヤ教で血を食べることは禁じられているので)。普通のお塩よりもちょっと粗めで大きいのが特長です。
CD20152.jpg

塗りこんだら一晩冷蔵庫で馴染ませます。
CD20156.jpg

クリスマスディナー当日。七面鳥に塗りこむ液(?)を作ります。玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル(バターがアメリカでは一般ですが、私は苦手なので・・)、ハーブ(タイム、セージ、ローズマリー。すべて生のものです)をがーっとミキサーにかけます。
CD20158.jpg

こちらは七面鳥の中に入れるもの。セロリ、人参、にんにく、玉ねぎ、オレンジ(レモンを使う人もいますが、オレンジの方が甘く仕上がります)を切っておきます。
CD20159.jpg

こちらはカメさんが買い物にいって見つけてきた、七面鳥焼きのバッグ。これに包んで焼くと、毎45分ごとに肉汁をかけるという面倒くさい工程が入らないそうです(本当にしないでも美味しくできました)。
CD20157.jpg

七面鳥をバッグに入れてから、先ほどの野菜を詰めさらにドライハーブ(セージ、ローズマリー、タイム)を中に振り入れ、周りに作った液(なんか他に言い方があるのでしょうが・・)を塗っていきます。カメさんがやりたいというので、やってもらいました。塩は足しません。バッグの口を閉めて、4時間焼きます。
CD201510.jpg

その間に他の料理の準備。こちらはスタッフィングの用意。七面鳥に入れるのが一般的でしたが、最近は別に作る家庭も増えています。バターをこれでもかってくらい使います・・。写真は撮りませんでしたが、大きな塊2個半使いました。そこに野菜(玉ねぎ、セロリ、人参ちょっと)を入れ炒めます。ここでも登場、ハーブ。ドライ(ローズマリー、セージ、タイム、ブラックペッパー)とフレッシュハーブ(みじん切り)を入れます。しんなりしてきたらクルトン(乾燥したパン)、クランベリー、クルミを入れ混ぜ混ぜ。鶏のブイヨンを足し、しんなりしてきたら大きな容器に入れて焼きます。
CD201513.jpg

こちらが出来上がり。2時間ぐらい焼きました。バターがたくさん入っていたのですが、油っこくはないのが不思議。クランベリの甘さがちょっとあってかなり美味しかったです。自信作。
CD201514.jpg

こちらは初挑戦のブッシュドノエル。アメリカではクリスマスケーキというものがないので、カメさんの家族の誰も知りませんでした。アメリカ風に甘さを結構強くしたので、喜んでくれました。
CD2015212.jpg

マッシュドポテトが土台のクリスマスツリー。カメさんがデコってくれました。
CD201512.jpg

二日前に作ったキャンディーとシュトーレン。
CD201511.jpg


こちらが4時間焼いたあとの七面鳥。実はいつの間にかオーブンが止まっているアクシデントがありました。理由はわかりませんが、大急ぎでオーブンを再開。三時間は確実に焼いていたので、1時間半さらに焼いて、なんとか事なきを得ましたが、びっくりしたー。温度計があって助かりました。出す前にちゃんとお肉は180度になっていたので、食中毒も大丈夫そうです(´∀`*;)ゞ
CD201515.jpg

バッグを開けたらこんな感じ。とてもいい匂い。
CD201516.jpg

ディーナープレートです。この頃にはもう私たちは頭痛と疲れでヘロヘロ。七面鳥はとても柔らかく風味豊かに出来上がっていました。他の料理も好評。よかったです・・・。
CD201518.jpg


皆が帰った後は恒例のMr. Beanのクリスマスの回を鑑賞。ほっとしたひと時でした。今日はクリスマス。カメさんとゆっくりイエス様の誕生日をお祝いしたいと思います。みなさんのクリスマスも祝福された幸せなものでありましたように。
CD201521.jpg



参考にしたレシピ (とりあえず日本語で使ったものをリストにしてみました。)
キャロットスープ
http://cookpad.com/recipe/690445
ケーキ
http://cookpad.com/recipe/2936695
七面鳥
http://cookpad.com/recipe/1637205
スポンサーサイト

アメリカセントルイスクリスマス料理

  • Share

6 Comments

Kiko  

ご苦労様でした。 そして、クリスマスイブのディナーが大成功で良かった!!!! 私も過去にターキーを焼いた時、オレンジ使いました。 オーブンバッグも使いましたよ! あれは、便利よね〜。

メニューも美味しいもの勢揃い。 皆さんも喜んでいただき良かったです。 義理妹さんのボーイフレンドがいきなり来る事になっても、大丈夫だったみたいですね。

私もYuimaさんを見習って、来年、頑張ろうかな。

2015/12/25 (Fri) 22:02 | EDIT | REPLY |   

almondtree  

素晴らしいですね〜〜 これはこれは、クリスマスディナーのフルコースでしたね。いつの日か・・を楽しみに!! 

2015/12/27 (Sun) 01:28 | EDIT | REPLY |   

みっち  

おいしそーーー♡

お疲れ様です。
スタッフィング、私大好き♡そして、ブッシュドノエル、素敵に出来上がってる!!!(*´▽`*)
きっと素敵なホームパーティーだったんですね。

ターキー用のオーブンバッグ。。。なにそれ(*_*;私・・・頑張って手動でオイルかけかけしてました(*´з`)
次回は、そのオーブンバッグ探して、使います( *´艸`)
みっち

2015/12/27 (Sun) 06:16 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kiko様

ありがとうございます!なんとか終わり本当に疲れました。一度やってみると段取りもわかり、ちょっと自信になりました。次は私の両親が来た時に作ってあげたいなと思っています。

やっぱりオレンジとバッグは欠かせませんね!すごくバッグが便利で本当に驚きでした。こればかりは夫に感謝ですw いろいろ他にブランドがあるらしいですが、最初に成功したので、多分しばらくはこのブランドで作ると思います。

突然のuninvited guestでしたが、なんとかなりました。テーブルが小さいので、彼と義理妹には別に座ってもらいましたが、そのほうが二人でいられてよかったらしいです。なーんかムードを作り出していましたよw

2015/12/28 (Mon) 10:33 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

almondtreeさん

こっちに来た時に作りからね!楽しみにしていてください。でもその日は半日くらい私は家でお料理なので、来た初日がいいかもね。夕食にターキーとかいいでしょ?

2015/12/28 (Mon) 10:34 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

みっち様

ブッシュドノエルは実は巻こうとした時に亀裂が入ってしまい、きちんとロールケーキにならなかったんです。頑張ってアラをクリームで隠しましたが、なので断面は三角形に・・。まだまだお菓子作りは初心者です。

Reynoldsのバッグを使ってみました。リンク一応貼っておきますね。
http://www.acehardware.com/product/index.jsp?productId=18209246
手でオイルを毎45分かけていたなんて・・すごすぎる!すごくしっとりできましたよ!ただターキーをバッグに入れてからオイルを塗りこんだほうがいいかも。あと中に入れる野菜もターキーを袋に入れてから。じゃないと本当に大変です。あと二人がかりじゃないとターキーが袋に入りませんw ターキー焼きは本当にいろいろ大変ですよね。

2015/12/28 (Mon) 10:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment