in STLの暮らし

サンタクロースの思い出

-2 COMMENT
ようやく秋学期が先週終わりまして、待ちに待った冬休みです。忙しすぎてブログをサボりまくっていました。冬休み中はできるだけアップしていこうと思っています。

アメリカはクリスマス一色です。毎年恒例の出張サンタいましたよ!アメリカではサンタさんにしかプレゼントおしえなーいとかいう子供達も多いので、こうやって出張サンタさんがデパートで子供達になにが欲しいの?って聞いてくれます。もちろん写真も撮るので有料ですが。この日もたくさんの子供達がサンタさんに会いに来ていましたよ。子供達が写真を撮る横でご両親がじーーーっと聞き耳を立てているのが結構ウケルw
469131_10152521348930107_610420916_o.jpg

この時期になると思い出すのが、私の小さい頃。家がキリスト教だったのと色々な文化を体験させたいという教育方針で、うちでは結構本格的にクリスマスをお祝いしていました。

いまでも覚えているのは、私が多分まだ4歳の頃。クリスマスイブの夜はプレゼントを運んでくれるサンタさんへと手紙、クッキー、ミルクと赤ワイン(よく考えると飲酒運転??)を用意して寝ました。ワクワクしていつも寝れなかったのですが、早く寝ないとサンタさんが来ないよと言われ、急いで寝ました。その夜ベルの音を聞いたような感じがして、次の日とっても嬉しい気持ちで目が覚めたものです。もちろん食べ物は全てなくなっていて、サンタさんが本当に来たんだ!!っととっても喜びました。

もう一つの思い出は恐らく私が5歳か6歳くらいのころ。時計屋さんで見た白雪姫のイラストと(おもちゃの)ルビーが綺麗な腕時計をサンタさんにお願いした年です。うちではサンタさんに手紙を書くのが通例で、その年も母に手伝ってもらい私は日本語で母がそれを英語に訳して手紙をサンタ島に送りました。母によるとサンタ島に本当に送っていたそうです。待ちかねたクリスマスの日。プレゼントを開けたら、なぜか入っていたのは白雪姫ではなく、ダンボの腕時計。ショックを隠せない私に、母が慌てて「きっとサンタさんが間違えちゃったのね!?今すぐ手紙を書いて、もう一度届けてもらいましょう!」とうま〜くサポート。そして普通に信じた私・・・・。無事にその日の夕方白雪姫の腕時計が届きました。確かまだ家のどこかにあると思いますが・・・。

サンタさんが実在しないと知ったのは小学中学年のころ。学校でクラスメートに言われて知りました。でも不思議と悲しい思いはしなかったのを覚えています。実際に肉体としているかいないかではなく、超えた存在として愛してくれる存在がいるとずっと教会などで教えられていたからかもしれません。その後「クリスマスイブの度夜食を食べる両親」とか、「腕時計を交換しにスクーターで走って行ったお父さん・・」とかを思い巡らしていたらニヤニヤしてしまいましたけどね。

まだ私には子供はいませんが、将来もし授かったら、こんな風に何十年たっても思い出せるいい思い出をあげたいなと思っています。子供時代クリスマスは私にとって、とってもスペシャルな日でした。ここに紹介した以外にも沢山素晴らしい思い出があり、自分がいかに恵まれいたのかを感じます。なによりそれを私にしてくれた両親に本当に感謝したいと思っています。来週のクリスマスが皆さんにとって素晴らしい日ですように。
スポンサーサイト
  • Share

2 Comments

Kiko  

メリークリスマス! 素敵な思い出をシェアしてくださり、有難うございます!! 

私の思い出は、数年前、まだ、子供たちがサンタを信じているときの事です。 某プレゼントをサンタからとして贈ったんです。 すると息子の一人が、

『あれ? これ、去年のプレゼントと同じ! しかも、同じ色!』

と何と、私、同じギフトを2年連続で買っていたんです。 とんでもないサンタでしょ??

そして、ある年は、

『あれ? このラッピングペーパー、マミーの持っているのと同じ! サンタさん、どうして同じペーパー使ったの? それにこれって、マミーのハンドライティングだよ。』

とまたまた、大失敗。

トンでもないドジな私です。

素敵なクリスマスを旦那様とお過ごしください! ブログ更新楽しみにしています。

2015/12/16 (Wed) 10:37 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

Kiko様

コメントありがとうございます。放置していたので、多分忘れられているだろうなーと思っていましたので、コメントがとっても嬉しかったです!

師走ですし、忙しい時期です、Kikoママサンタさんも間違えることはありますよ!!
うちの家でも間違っていましたしねw 

でもそういうのがとっても良い思い出になるのだろうと思います。またブログお邪魔させていただきます!

2015/12/18 (Fri) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment