in 未分類

Osama Bin Ladenが死んだ日

-2 COMMENT
CNNとテレビのニュースからの情報ですが、オサマビンラディンが暗殺された模様です。あの同時多発テロから、10年目にしてのニュースです。
未だに私はあの日のことを覚えています。母と一緒に何気なく10時の朝日のニュースをみるためにTVを付けた時に飛び込んで来た信じられない光景。しばらく実際に起こっていることだと信じられませんでした。「これ映画の広告?」現実離れした現実でした。現実だと理解した後、ただただNYの中で逃げ惑う人々、白煙、粉塵を泣きながら観ていた覚えがあります。その後、世界が恐怖と憎しみに包まれました。憎しみに駆られながら、イラク戦争を決め突き進んでいくアメリカを無力さを感じながら見ました。
私は二年前にNYに行った時に世界貿易ビル跡地を自らの足で歩きました。一周まわるのに20分もかかり、汗だくになりつつ、いかに被害が大きかったのかを実感しました。そのビルの横にぽつんと建っている小さな展示所で、同時多発テロで唯一のオフィシャルカメラマンであった人の写真と遺品をみました。遺品や写真の展示の中に、遊びに来ていた子が持っていたのでしょう、汚れたテディベアがありました。貿易センターが崩れた跡に残っていたという十字架も見ました。救助活動の時に休憩所として使われた、貿易センターの前にある教会で、何万という日本からの千羽鶴をみました。そこにいまなお残る国境を越えた人々の悲しみ、苦しみ、祈りをこの目で見、感じました。
ホワイトハウスの前で歓声をあげ、驚喜する人々をCNNで見ながら、私が思いを馳せるのは、このテロによって傷つき殺されてきた人々です。
覚えていますか?テロ後、イスラム教はあたかもカルト宗教のように思われ、アルカイダとニックネームを付けられ精神的に肉体的に暴力をふるわれてきた沢山のイスラム教徒を?沢山の母親が自爆テロによって自らの息子・娘を失ったことを?アメリカに住む沢山の恵まれない若者達イラクに送られ、アメリカの国旗をかけられ無言の帰宅をしましたことを、そしていまなお続いていることを?イラク・アフガニスタンに住む沢山の子供達のことを?彼らの父親はイスラム教徒だからアルカイダだという疑惑をかけられ、目の前で父親を虐殺されました。数えきれない人々、子供達がテロに対する報復ということで精神的にそして肉体的に殺されてきました。
オサマビンラディンのアメリカに対する強い憎しみは旧ソビエトのアフガン戦争に起因するとされています。21世紀最大のテロリストは戦争によって作られたといっても過言ではないでしょう。彼が死んだいま、世界はどうなるのでしょうか。イラク戦争、アフガン侵攻で撒いてしまった憎しみの種が育つのは時間の問題でしょう。一人のテロリストを殺す為に起こした戦争は結果沢山のオサマビンラディンを生んでしまったのではないでしょうか?憎しみの連鎖が生み出す新たな連鎖を止めることが出来た時に、私は皆に混じって喜ぶことができるでしょう。


ランキング加入してます。ポチッとおねがいします。

スポンサーサイト

オサマビンラディンCNNアメリカ戦争憎しみイスラム

  • Share

2 Comments

Sakulanbo  

No title

同感です。
復習は、新たなる憎しみを生むだけで
問題の解決にはなりません。
9.11のあとアメリカ国内でも外国人への
規制が厳しくなって特にイスラム系の学生は
まったく関係ないのに大変なことになっていました。
今回のことの政治的な意味も、アメリカ人の心情も
なんとなく理解はできますが、なんか複雑です。

2011/05/03 (Tue) 22:29 | EDIT | REPLY |   

watervalley  

Re: Sakulanbo さん

そうですよね。アメリカ人の友人の中でこの騒ぎに対してとても冷ややかに見ている子がいました。彼女はむしろ、彼を殺したことで憎しみの連鎖を生み、彼のことで忘れ去られている社会的な問題の存在を心配していました。fbでは彼女に対するバッシングが多く・・見ているこちらまで辛かったです。”お前はアメリカに住んでいて、アメリカ人なんだから誇りをもて”というコメントがあり、私はアメリカ人ではないので、躊躇したのですが、結局彼女を擁護するコメントを書かざるを得ませんでした。結果彼女はそのstatusを謝罪する新たなstatusを書きましたが、その上で言論の自由について触れていました。どんなにFreedomを叫んでいる国でも、避けられない現象なのでしょうか?すこし恐怖を感じました。 後で知ったのですが、NYに住み、被害を受けた人々の多くはむしろとても複雑な気分で、お祝いするという精神状態ではなかったと友人がニュースで聞いたことを教えてくれました。その人たちにとっては、彼の死で終わる戦いではないのでしょうね。
ホワイトハウスの前で大騒ぎをするアメリカ人の気持ちは分かりますし、経済的にも劇的な変化を与えました。アメリカという国、また関係する分野にとってはプラスでしょう、しかし、マイナスな面を見る冷静さは必要ですよね。。

P.S名前を書き間違えを指摘されました。本当にSakulanboさんとSaint Louisさんにお詫び申し上げます。これからこのようなことなきように気をつけます。大変失礼いたしました。

2011/05/04 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment