in 博士号への道

Supervision

-0 COMMENT
前回の記事に日本の高校生の方からコメントをいただきました。日本でカウンセラーになるのを目指しているとのこと。私がカウンセラーになろうと決めたのも高校時代でした。ネット社会。今更ながら色々な方に見ていただいていると気持ちが引き締まる思いでした。最近は思い出すとストレスになるのでカウンセリングについて書いていませんでしたが、少しずつ増やしていかなければいきませんね。ということで、カウンセリングについてお話ししましょう。

今学期はAdvanced Multicultural CounselingとSupervisionを受講しています。Advanced Multicultural Counselingではなく今日は一般的なSupervision(以下スーパービジョン)について話したいと思います。クラスのスーパービジョンはまた次回。

まずはスーパービジョンとはなにか?
簡単にいうと、同じ領域の教育者(簡単にいうと先輩=スーパーバイザー)が新米(スーパーバイジー)に継続的な面接を通してスキルアップを助けることです。カウンセリングのトレーニングには必須で、修士レベルではもちろんのこと、フルライセンス取得(ライセンスの段階説明はNCCになりましたを参考にしてください)のためにもスーパービジョンは必要です。スパービジョンは通常は週に一度。修士レベルとライセンスレベルではもちろん内容が異なりますが、修士レベルの方が内容が厳しいです。私はいまライセンスのためとスパービジョン(修士レベルからお世話になっているスーバーバイザー)と仕事場でのスパーバイザーの二人にお世話になっています。ライセンス用のスパーバイジングは有料で( お金を毎回払います。私のスーパーバイザーは良心的な値段(25ドル)ですが、セントルイスの相場はだいたい35ドルから60ドルくらいと幅があります。)見習い期間が終わる2年間お世話になります。

スーパービジョンでなにをするのか?
スーパービジョンは大体1時間です。ライセンス取得のスーパービジョンではひたすら私が仕事の愚痴・・・悩みを聞いてもらっています。あとは難しいクライアントさんの対応の仕方ですね。私のライセンスのスーパーバイザーは元ケースマネイジャーだったので、色々なところにコネがあり助かります。私の仕事の方のスーパーバイザーはファミリーカウンセラーなので、とことんクライアントさんの対応についてです。有事に最初に連絡するのは仕事の方のスーパーバイザーです。私が「Aさんところのカウンセリングがうまくいっていないんだけど、助けて〜」って話すと「 こういう本があるから、使ってみたら?こういうテクニックがあるよ」と助けてくれます。あとはスケジュールの確認(一家族がプログラムを利用できるのは12ー16週間なので)など、こまごましたことは仕事のスーパーバイザーとします。修士のスパービジョンでは毎回ビデオを撮り、それを見ながらの細かいところのチェックがはいるスーパービジョンです。修士レベルの学生を担当しているスーパーバイザーはうちのプログラムではゲートキーパーと呼ばれます。これは学生にカウンセリングのベーシックなスキルを教えるだけでなく、カウンセラーとして相応しくない学生を世に送り出さない役目もしているからです。このお話はまた今度いたします。ちなみに私が今学期やっているのがこのゲートキーパーです。

そもそもなぜスーパービジョンがいるのか?
なぜこんなに時間もかけてお金もかけてスーパービジョンをするのか?私の修士レベルからライセンス取得までのスーバービジョンの時間を換算すると、258時間にもなります。単純計算ですが週一の実習クラスと仕事のスーパービジョンを合わせました。結構な時間になりますねー。ちなみに修士レベル実習時間(実際にクライアントさんに一対一で会った時間)は320時間、それをフルライセンスの最低必要実習時間(1200時間)と合わせると1520時間になります。スーパービジョンとトレーニングの実習にかなりの時間を割きます。これは本当にひとえにクライアントさんのためです。私たちは人を扱う仕事をしているので、たった何気ない一言で相手をとても傷つけてしまうことがたくさんあります(逆に私は仕事中は気をつけないといけなさすぎて、私生活で逆にあんまり気にしなさすぎてボロがでてしまうことも・・・・面白いことにこういう人結構カウンセラー業界に多いんですよね。うーん難しい。)。なので、こういう制度がとても大切です。クライアントさんに一番利益になることはなにか、どうしたら良くなってもらえるか、カウセリングの面白いところは一生涯の勉強だということです。学ぶことに終わりがないように、カウンセリングにも終わりはありません。ということで、アメリカのカウンセラーとってスーパービジョンは本当に大切なプロセスなのです。
スポンサーサイト

アメリカセントルイスカウンセリングスーパービジョン

  • Share

0 Comments

Leave a comment