in カウンセラーのライセンス取得までの道のり

カウンセリングライセンス:NCE試験

-0 COMMENT
全然ブログでは書いていませんでしたが、私去年の10月にNational Counselor Examination (通称NCE)に合格しました

あんまり友人にも言っていなかったのdすが、ここで告知ということで あまり日本の方にはなじみが無いアメリカのカウンセラー免許を取得するまでの道のりをここで紹介していこうかなと思います。これからアメリカでカウンセラーになりたい方、考えている方の参考になればと思います。ちょっとめんどくさいライセンスなので、私も色々混乱している所もあるので私のそのパニック状態も楽しんで頂ければとおもいます(苦笑

最初なのでまず今回合格したNCEについて。NCEはまぁ簡単に日本語で言うと国家試験のようなものです。しかし日本と異なるのはアメリカでは州ごとにライセンス(免許)がいること。あっちなみに免許無いとアメリカではカウンセラーと言えませんよー。自称カウンセラーがOKだったカリフォルニアも何年前に法をしたので、アメリカ全州で一応自称心理カウンセラーはいないことになります。州ごとのライセンスの違いはまた今度。NCEはライセンスを取得する為に絶対に必要なものです。

そのNCEですが、最初にアプリケーションを作成して受験料を払い、自分のアカウントをNBCC(National Board for Certified Counselor)に作ります。アプリケーションを作成後受験を申し込みます。これコンピューターで受験できるのですが、私は自分が卒業した大学院でペーパーで受けました。後で知りましたがコンピューターの場合の方が合否がその場で分かり楽です

NCEは選択問題200題。そのうちの160問が採点対象となり、残りは生徒の出来具合などの分析に使われるそうです、こっちはそんなの分かりませんのでとりあえず200問必死で解きます☆ヾ( ̄ ̄*) 大体75%ほど取れていれば合格です。ペーパーで取ると合格得点は毎回変わります。それは試験会場の状態などによって受験者の点数が変わるため、各受験場で計算しているらしいです。修士卒業後にNCEの受験資格が得られるのですが、私が卒業したプログラムのようにCACREP認定されている大学院に在籍している人は卒業前に受験することも今では可能です(私が在籍しているときはまだだめでした・・・)。

メリットは
1)勉強した知識がまだ新しいうちに試験を受けれる。
2)卒業してあまり時間がたたないうちに免許に申し込むことが出きる(といっても何ヶ月かやはりかかりますが)。

出題トピックは3年間修士で勉強したまぁすべてとプラスアルファですね。
以下が出題トピックです
Human growth and development (人間の成長と発達:色々な人の発達心理学の歴史とかですね)
Social and cultural diversity (社会と文化の多様性:一番私が得意だった分野w 人種と文化が違う場合のカウンセリング方法やらですね)
Helping relationships(相互補助:ユングやらゲシュタルトやらの理論)
Group work (グループカウンセリングーグループカウンセリングのルールやらクライアントが演じがちな”役”の性格名前などなど)
Career development (キャリアカウンセリング:有名どころの名前やらセッションで使う適正テストの名前や特徴なんやこりゃ)
Assessment (統計ですな)
Research and program evaluation (研究用語です)
Professional orientation and ethical practice (カウンセラーとして守らないといけないルールや色々な場面でどういう風に動くのが正しいのかといった質問)

例題1)とても成功したグループカウンセリングが終わりました。あなたはとても効果的なカウンセリングをさらに多くの人に経験してもらいたいと願っています。そこで、グループカウンセリングに出席したクライアントの方に匿名で将来の広告のためにコメントを書いてもらうことにしました。この行為は以下のどれに当てはまりますか?( You have just launched a successful therapy group, and want to promote it to engage new clients so they, too, can benefit. You have asked your current therapy clients to offer an anonymous testimonial, telling others how useful it has been. From an ethical standpoint, this is _____________.)
a. どのような状況でも避けるべき行動
b. 他のクライアントにとって利益があるとみられるのでOK
c. クライアントとカウンセラーの間で紙上の合意があれば良い
d. 紙上の合意があり、写真を使わず偽名を使うのであれば許可される
答)どのような状況でも避けるべき行動

例題2)クライアントの非理論的な感情を理解するのを助けるためにその感情をさらに強めるカウンセラーが使う技法をなんと言うか?
(The counseling technique in which the counselor intensifies the client's emotional state in order to help the client understand the irrationality of the emotional reaction is known as:)
a. Paradoxical Intention (逆説的に増強すること。泣きやめないというクライアントに”一日中泣きなさい”と指示するなど)
b. Reconfiguration(再構成)
c. Confrontation(対決する。カウンセリングではクライアントさんに自分と向き合う手助けをする技法です)
d. Systematic Desensitization (恐怖症などの問題を治療するために使われる方法です)
答)逆説的に増強すること。泣きやめないというクライアントに”一日中泣きなさい”と指示するなど。

てな感じですかね。この例題はオンラインで見つけたものですが、実際はもうちょっと難しいです。言葉の使い方だったり、内容が教科書から直接というよりもちょっとひねったものなどが出ます。試験時間は四時間ほど。早めに終わればいつでも出れます。NCEはこんなところでしょうか?これに合格するとNCC(National Certified Counselor)に認定され、ライセンスに一歩近くなります。次回はライセンスの違いなどについてお話します。
スポンサーサイト

アメリカミズーリカウンセリング国家試験

  • Share

0 Comments

Leave a comment