in アメリカ暮らし

Vegetarian

-0 COMMENT
こんにちは。二泊三日の出張旅行からつい先ほどもどってきたYuimaです。あと一時間ほどでクラスに行かないといけないのですが、ちょっとブログのアップをしておこうと思います。

出張先はミズーリ州コロンビア。セントルイスから2時間〜3時間の所にあり、ミズーリ大学グループの中心にミズーリ大学(通称Mizzou)があります。ミズーリ大学グループというのは、Missouri Universityに属する4公立大学のことです。Missouri University, Columbia (Mizzou)を筆頭に、University of Missouri, St. Louis, University of Missouri, Kansas (UMKC), University of Missouri of Science and Technology (Rolla)そして私が働いているUniversity of Missouri, system(オンラインや特定の地域に属さない大学なのでシステムと呼ばれます)です。私が働いているUMExtensionの本部はコロンビア(Mizzou)にあるのでなにか会議などがあると、コロンビアに集合となるんです。今回行って来たのは年に一度の全体会議。ミズーリ州全土からUMExtensionの人が全員集まるのとても大きな会議です。総勢300人くらいでしょうか。ミズーリは全米で21番目に大きな面積の州ですが、18万平方キロメートルもあります(日本の総面積37万平方キロメートルなので、日本の半分が入ってしまう大きさですね)。なのでミズーリ州の端から来る人は8時間くらいかけてこの会議にやってくるそうです(もちろん交通費レンタカーも会社持ち)

参加人数が多いのでホテルも貸し切り状態です。朝から晩までセッションに出て、お偉いさんの話や、新しくいま力を入れているサービスやらなにやらをずーーーーーっと聞くのでかなり疲れるのですが、仕事なのでしかたありません。食事はほぼホテルで振る舞われるのですが、昨晩の夕食は各自で食べて下さいとのことなので同僚と美味しいと有名なベジタリアンのレストランに行ってきました。あまり日本ではなじみの無いベジタリアン。2008年の時点で730万人のアメリカ人がベジタリアンと回答しています(Vegetarian Times Study)。これはアメリカ全人口の3.2%に当たります。結構多いんです、ベジタリアン。理由は様々ですが、健康のため、宗教上の理由で、動物愛護精神の為が多いようです。アメリカではチェーンのレストランにはベジタリアン用のオプションもちゃんとあるほど、とても一般的なことなんです。ちなみにベジタリアン=野菜以外食べない人と思っていませんか?実は菜食主義者には二種類あるんです。一つはベジタリアン。もう一つはヴィーガン(Vegan)。違いは何か・・ベジタリアンの人が食べる食事の種類は(これも人により変わりますが)もちろん野菜全般、豆(プロテインです。豆腐がよく食べられるのはこのため)、チーズを含む乳製品、人によっては無精卵(←えぇ?)、魚介類(←食べない人もいますが食べる人もいる・・でもベジタリアン)です。他にもあるかもしれませんが、これが主流でしょう。ヴィーガン(Vegan)は野菜、豆が基本です。ヴィーガンが完全菜食主義者と呼ばれるのは、厳しい人にいたっては蜂蜜も、チーズもミルクも取りません。

今回行ったのはベジタリアンのお店、ということは、チーズも卵OKのお店。
お店の名前はMain Squeeze (リンクです)。
MUAnnual5.jpg

カラフルなボードにメニューが載っています。見ているだけでワクワクしますよね。
MUAnnual1.jpg

スムージー(5ドルちょっと高め)も美味しいとのことなので、Berry Berry Good(Grape, Strawberry, Blueberryのスムージー)をオーダー。
MUAnnual3.jpg

私はWorks (Beans, Salsa, Rice, Avocado, Cheese, Sour cream、8ドル)を頼みましたが、他にもサンドイッチやら、Wrap(ブリトー)もありました。これは本当に美味しかった。一口で食べて思わずウマっ!!お勧めです。
MUAnnual2.jpg

スムージーです。とてもさっぱりとして、でも果物の甘みが出ていて美味しかったです!
MUAnnual6.jpg

この日の夕食はもちろん会社持ち。夕食は21ドル、朝食と昼食は10ドルと決まっていて、実際食べた値段に関係なく支払われます。出発した日の朝食、二日目の夕食、三日目の昼食と夕食が支払われます。なのでちょっといつも得した気分。野菜だけといっても本当に風味豊かなベジタリアンの料理。奥が深いです。もし皆さんも機会があったらトライしてみて下さいね!
では授業に行ってきます!
スポンサーサイト

アメリカセントルイスレストランベジタリアン

  • Share

0 Comments

Leave a comment