in 未分類

結婚式奮闘記⑨Gift registry

-0 COMMENT
今日の一発目は結婚ネタ。はい・・最近結婚式ネタがありません。理由、いっぱいありすぎて何を書けば良いのか分からない。結婚式までもうすぐ2週間。手作り結婚式のアメリカは、本当に準備が大変です。今日は色々ある中から結構在米日本人の友人に質問されるお祝いについてにします。
アメリカではお金を祝いにという文化があまりありません。お金ではなく物を送るのが習慣です。その為にgift registryという便利な代物があるのですが(あとで説明しますね)、結婚してから同居するべきというキリスト教の文化の影響もあるのでしょうが、最近は同居をしてから結婚するカップルも多いです(当たり前ですが)・・。私たちもそうですし、二月に結婚しているので、そうなると生活を始める為に必要な生活用品はもう結構揃ってしまっているのです。なので、一般的なgift registryはしないことにカメさんと話して決めていたのですが、結婚式3週間前になって急遽することに。理由は、ゲストの方にregistryは?って思った以上に聞かれたため・・。

Gift registryがないとゲストに不都合な理由
理由①ゲストが何をカップルにあげれば良いのかが分からないので、助かる
理由②文化的な理由
理由③お金だと幾ら持って行くという決まった額がないので後々ごたごたしない

(勝手ですが)Gift registryがあるとカップルに不都合な理由・・
理由①こういっては何ですが、小切手/お金の方が結婚式後の寂しい懐には助かります・・
理由②日用品と言ってももう家に揃っているので、買う必要なものがあまりない
理由③忙しいので、結婚式の他のことに準備する時間を充てたい←これは直前にregistryを決めた私たちの落ち度。
理由④家にそこまで物を置く場所がない
理由⑤ギフトをくれーって触れ回るのが、ちょっと嫌...(これは私の日本人的な理由ですね。)
という勝手な理由でございます・・・。私は個人的には来て頂けるのが一番の贈り物と思っているので、ギフトはなにが良いって言われてもかなり困ってしまうのです。でもやはりゲストの方のお祝いしたいと思って下さるお心は嬉しいですね

では、Gift registryの説明ですが、結婚するカップルが贈って欲しいものをピックアップしてサイトに載せます。ゲストはその中から自分たちの予算に合ったものを選び、購入します。購入したらgift registryのサイトに”私たちが購入しましたよー”ボタンを選択します。そうすると、ちゃんとその商品は購入済みとマークされるので、プレゼントが被るということがありません。結構便利な機能です。
Gift registryサイトは沢山あるのですが、私たちが使ったのはMyregistry.com。このサイトの良い所は、色々なお店から好きな品物を選べること。gift registryの大多数のサイトは一つのお店から商品を選ばないといけません。TargetならTarget用のgift registry、AmazonならAmazonのアカウントがないとgift registryが出来ません。この方法だと選ぶ方のカップルは他のお店と比較して一番気に入ったプレゼントを選ぶことが出来ないし、贈って頂けるゲストの方も、もし近くにそのお店がないと運転して行くのが大変です、またはアカウントを新たに作らないと行けなくなります。その点、Myregistry.comは好きな商品を色々なお店から集めてregisterできるので便利なんです(←なんだか広告みたいになってしまいましたが、回し者ではありませんよ)。

つい先ほどもギフトをRegistryしていたのですが、普通はゲストの数の2倍は最低Registerするそうです。もし50人のお客さんなら100個。もし100人呼んでたら、200・・・。この大量のregistryの理由は、ゲストの方が色々な料金から選べるようにという配慮です。ですが、私は30個くらいregistryした所くらいからネタ切れ感が・・・。今の所私たちのRegistryは51・・・。まぁ夫婦やカップルでいらっしゃるゲストの方も多いですし、もう買ってしまったという方もいたので、これくらいで良いのではと勝手に思っています。最後の方はもうギフトカードだらけになってしまいました人気というか無難なプレゼントは、お皿セット(アメリカは色のテーマで家を統一するのが人気なため)、ベット用品、お風呂場の日用品(カーテンなど)という日用品です。大きなものになると、ベット、テーブルセットなのもありますが、最近では結婚式当日のホテル一室やら、レストランのギフトカード、または新婚旅行への金銭援助というのもあります。結婚式まであと二週間、まだまだやることは沢山あります!!
スポンサーサイト

アメリカセントルイス結婚式

  • Share

0 Comments

Leave a comment