in 未分類

第1849回「食べられるようになったもの」

-0 COMMENT

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当伊田です今日のテーマは「食べられるようになったもの」です。みなさんは食べ物の好き嫌いってありますか私は結構あるんです何でも食べられるようになりたいのですが...でも、年月が経つと嫌いだったものが食べられるようになっていたりしませんか?だから私は嫌いなものでも1年に1回は食べてみる事にしていますここ1年ぐらいで私は、もっちりとしたパンが食べられるように...
FC2 トラックバックテーマ:「食べられるようになったもの」



今のNutrition Program Associateを始めてから、ちょっとというかかなりのカルチャーショックを受けることがあります。それは食と作法に対する違い。トラックバックテーマの主旨とはちょっと違いますが。。。私は小学校では給食を残してはいけませんでした。記憶に残っているのは、えんどう豆がどうしても嫌いで、友達に励まされながら、泣きながら休み時間までかかって給食を食べている同級生・・・。私は幼稚園のときに食べるのが遅かったので、給食をすべて食べるまで遊びに行けませんでした。アメリカではどうでしょうか?USDAのガイドラインを見ると、子供達が主体のアメリカの教育が見えてきます。私がけっこう驚いたところだけを紹介いたしますので、すべてが読みたい方は青文字から飛んでください。引用はChild Feeding Tips and AdviceUSDA MyPlate for Young Children からです。

1.子供に食べる量は決めさせてあげてください。(Listen to them when they say they are full. Young kids will eat the amount they need.

2.食べ物の量とお皿に乗せる食べ物は子供達に決めさせてください。(They learn to make decisions about which foods and how much to put on their plates.  )

3. 励ますのは良いですが、子供達にすべての食べ物を試させようとはしないでください。子供達が好きになるには時間がかかることがあります。無理やり食べさせると、さらにその食べ物が嫌いになる可能性があります。(Encourage, but do not make children taste every food. It may take many times before a child tries a food and learns to like it. Forcing a child to eat may cause the child to dislike the food even more.

まぁある意味分かるのですが、小さいころから”もったいない”の精神で育てられた私にはちょっとう~んって思うことが・・・・。とくに、このように好きなものだけを食べさせている子供達は私が教えているKids in the Kitchenのクラスでも色々と問題になります。
今日も、

子供A;”私ピーナッツ食べれないー”
私:”アレルギーがあるの?”
子供A:”いや。。。嫌いなの
私:”アレルギーじゃないの?じゃあ食べましょうね!”

なので、私とパートナーはクラスであるルールを作っています。それは”One Bite”ルール、そして、”Zero tolerant for the negative comments on foods”。
”One Bite”ルールとは出されたものは一口でも良いから口に入れること。もし食べてみても味が嫌いだったら(私は嫌なのですが・・)捨てても良し。そうすると、大体の子供達が食べてくれます。特に私たちが教えている子供達は貧困層に属する子供達が多いので、中にはブルーベリーや雑穀パンを一度も食べたことない子も。私たちが教えるクラスはそういう意味でも食育に良いのです。

”Zero tolerant for the negative comments on foods”
このルールは出された食べ物に対してネガティブなことを言わないというお約束。嫌いな食べ物だと子供達は「まずそうー」、「変な匂いがする」はたまた「きもい」とか言います。一人が言うと全員がたちまち言い出しますし、食べ物に対する尊敬の念も教えないといけません。なので、絶対にそう言うことは言わないというのがクラス内でのルールです。
特に私はアジア人なので、彼らにしてはおそらく初めて話したアジア人。アジア人=中国人なのがアメリカ。なので、たまにかなーり偏った固定観念に基づいた質問もされます。以前聞かれたのは「犬食べたことある??」...(TwTlll)。知り合いの中国人が聞かれてめっちゃ怒っていましたが、私はアジア人(=アメリカ人でない)これを利用して異国の食べ物とかのレクチャーもします。スターフルーツやライチ等は子供達も興味津々で聞いています。こうして偏った食生活、知識やマナーを直すきっかけにしてくれればと思っています。
スポンサーサイト

http://fc2trackback.blog.fc2.com/blog-entry-1863.h

  • Share

0 Comments

Leave a comment