in STLの暮らし

Field Trip

-0 COMMENT
今日はField TripとしてSt. Louis Art Museumに行って来ました。仕事中に何してんだといわれそうですが、かなりフレンドリーな仕事場で今までも私の結婚パーティー、ポッドラックパーティー、クリスマス前のボードゲームパーティーなどなどのイベントをしてきました。今回も同僚の一人が、「ずーーーっとオフィスにいると息が詰まる!!どっか行こうよ!!」っていう発言から決まりました。11時ごろに私と同僚3人とボス2人でオフィスを出たのですが、お目当てのJewelry box

外観の写真です
jewel_box.jpg
はなんかのイベントらしく立ち入り禁止。
なので急遽Jewelry boxの前でのピクニックを取りやめSt. Louis Art Museumの見学と外でピクニックにしました。

美術館はルイ9世仏王の銅像が迎えてくれます。セントルイスのルイスはこの方の名前からきています。
slam1.jpg

美術館内はけっこう広く、右翼と左翼で色々な展示が見られます。アフリカ美術から、イスラーム、アジア圏、ヨーロッパ等々広く浅く色々な美術を所蔵しています。もちろんネイティブアメリカンの美術品もありますよ。
museum1.jpg

去年の6月に新たな展示場を開設しましたので、いままでよりもさらに展示場が広く展示物も増えました。下の写真はその増設した建物です。ガラス張りで内部からみてもとてもキレイでした。金曜日はいつもは有料の展示が無料で見られるということで、オープンしてから初めて入ってみました。
1_St_Louis_Museum.jpg

内部からの写真です。THE EAST BUILDINGのロビーです。写真は撮りませんでしたが、古代ギリシャやアッシリアの遺跡で出土されたものが展示されていて、歴史大好きの特に古代中央アジアには目がないYuimaはかじりついて一つ一つの展示品を見させていただきました。
museum 4

特別展示は仏蘭西の印象派。素敵な絵画の作品が並ぶ中、面白いものを見つけました。フランスでのパリ万博の時のプログラム。大学入試のために必死で覚えた世界史ですが、もともと歴史が好きだったので今でも覚えたことはちょっと覚えています。その記憶がよみがえりました。エッフェル塔はこの万博に合わせて作られたものだったなーとか考えながら小さいプログラムを見ていると、いままではただの御伽噺だった歴史の一ページが彩り豊かにまた死から復活するという感じ自分の中にしました。不思議な感覚ですね。
140530_007.jpg

色々他にも展示があったのですが、ボスのミーティングがあるため、早々と切り上げました。でも金曜日は無料デーなのでまた来週にでも来ようと思っています。というのも、実は私は月曜日からしばらくお仕事がお休みなんです。理由はビザ。就労ビザまたはグリーンカードが発行されるまで、一応雇用されているのですが、期間未定の無給休暇。いきなりの休暇有効に使いたいと思っています。
スポンサーサイト

美術館セントルイスアメリカ

  • Share

0 Comments

Leave a comment