in 未分類

トルコで私も考えた

-2 COMMENT
幼い頃から本の虫だったYUIMA。外食となればいつも図書館で借りた本を持ち歩き、学校から帰る時間も惜しんで色々な本を歩きながら読むほど本が好きでした(おかげで目が悪くなりましたが)。そんな私に一番影響を与えた本はと聞かれると数え上げたらきりがありませんが、今日は本に関してとても嬉しいニュースがありました。私が高校生時代に大好きだった「トルコで私も考えた」の続巻が出ているとの情報!即座にAmazon.jpでオーダーしました。しかもよく確認すると、二冊も!!日本から離れているとこういうことがよくあります。両方とも実家に届くようにオーダーして夏の結婚式に来るときに母に持ってきてもらうことにしました。

この「トルコで私も考えた」は高橋由佳利さんがご自身のトルコ旅行→トルコ人とのご結婚→そして日本での出産をエッセイ漫画にしたもので、ガイドブックを超えた、トルコの日常を描いた本として人気があったものです。私はこの本に高校生の頃に出会いました。ちょうど天は赤い川のほとりにという中東(ヒッタイト、現トルコ付近)を描いた歴史長編漫画を読んでいたこともあり、昔からの民俗学者の父+国際人の母の娘の血が騒いでしまい、どっぷりと中東の歴史や文化にはまってしまいました。(私の年齢がばれてしまいますが)、私の高校時代はちょうど9.11のテロがあった年。イスラームに世界の注目が集まっていた頃に、社会のマジョリティーとは違いどちらかというとイスラームに対してPositiveな見方を得ることができたのは、紛れもなくこの「トルコで私も考えた」のおかげだと思っています。またトルコと日本の繋がりにも興味がわき、今までアメリカにしか向いていなかった(初めて行った海外は9歳のときの渡米でしたし、友人もシンガポールやアメリカからの人が多かったためですね)私に新しい世界を開いてくれました。見よう見まねで母にトルコ料理を作ったりもしました。初めて作ったトルコ料理はトルコの国民的料理クルファスリエ。お豆にしみ込んだラム肉の味が最高の一品です。ちょっとお豆を柔らかくするのに時間がかかりますが、手順を覚えれば簡単。是非作ってみて下さい。レシピを付けておきます。このレシピでは牛肉ですが、羊肉が手に入ればそちらで作ってみて下さい。


その後も東京にあるトルコ料理店の食べ歩きをしたり、愛知万博では念願のトルコアイスを食べたりと私のトルコ熱はしばらく燃え上がっていました。そして20歳の春に長い間の夢だったトルコに10日間のツアーへ。グランマ(母方の祖母です。本当に元気で英語やフラダンスを毎週習い、海外に毎年行きまくっているすぱーおばあちゃんですのでグランマと呼ばれています)と一緒に行ったトルコは本当に楽しくて今でも良い思い出になっています。

以下はトルコ旅行の思い出の写真です。
綺麗な夕日が観れました。
sunset in Turkey

クルージングをした時に撮ったアヤソフィアとトルコの国旗。
Turkey flag by myself

ずーーーーっと行きたかったヒッタイトの首都だったハットゥシャ跡。
イシュタルかな?

photo19.jpg

いまではアメリカに住んでいますが、やはりあの旅行があったからこその世界観というものがあると思います。それもこれも「トルコで私も考えた」に出会えたおかげ。私にとって本当に大切な人生のパーツとなりました。今では著者の高橋由佳利さんは神戸でトルコ料理 KENAN(ケナン)というトルコ料理店を開いていらっしゃるそうで、いつか是非一度行ってみたいと思っています。夏に届く本がいまから楽しみでワクワクしています。

ブログの写真は 私個人が取ったもの、または転載許可が出ているの Freedigitalphoto.netから使用させていただいております。
スポンサーサイト

トルコトルコで私も考えたエッセイ本Amazon

  • Share

2 Comments

sweetbeans  

天は赤い河のほとり懐かし〜!私もハマって読んでいました。トルコは親日国ということもあり、一生に一度は訪れてみたい国です。Yuimaさんは小さい頃から国際的な生活を送られてきたんですね〜羨ましい!子供の頃からいろんな国やその文化に触れられてきたYuimaさん、大きな世界観をお持ちなのでしょうね。(9.11が起こった年は私も高校生でした〜)

2014/05/23 (Fri) 21:28 | EDIT | REPLY |   

Yuima  

sweetbeans様

本当ですか!?意外な接点ですね~~。最近は私はオンラインで(英語ですが)再読しています。やっぱりユーリの人生観や姿勢がとっても現在の私に影響しているなとは感じます。そういう意味で、子供のころに何を学んだかって本当に大切なんですね。
いやいや全然大きくない世界観で、毎日が勉強です!世界は本当に広くて、学ぶことがたくさんあるので楽しいのですがたまに果てしない道のりに頭がくらくらしますw
ということは、sweetbeans様とは同年代!?またまた意外な共通点ですね!!!これからも宜しくお願いいたします。コメント感謝します。

2014/05/27 (Tue) 11:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment