in 結婚式奮闘記

結婚式奮闘記⑥ドレス選びその二

-0 COMMENT
またご無沙汰してしまいました。先週色々と仕事のほうが忙しくブログが手付かずになっていました。
なんだか、ドレスの話は書きづらい気がするのですが、何ででしょうかねー。今回で引っ張ってきたドレスの話は終わらせていただきたいと思います(苦笑

ウェディングドレスを取り扱っている会社はセントルイスとはいえ、多数あります。一応””なのでダウンタウンに行けば何軒かお店はあるのですが、一様に高い!こういうお店は先にオンラインで予約をするケースが多いです。お店のウェブに行くと何の予定で来るのか(Bridesmaidのドレスのためか、自分のアクセサリーのためか、自分のウェディングドレスのためか)をまず最初に聞かれます。どのプランで行くかによって時間が変わりますので、あらかじめスケジュールを合わせていけるのは便利ですよね。自分の情報(名前など)を入力すると、場所によりますが、お店から後日電話がかかってきて、アポを取るという流れになります。

私はお店に二軒行きました。最初のお店はUltimate Bride。カメさんのタキシードをレンタルしたお店に紹介されたお店です。ドレスチェックには普通BridesmaidかMaid of honorが付いてくるものなのですが、私のMaid of honorはカナダ在住、Bridesmaidはセントルイスに住んでいますが忙しいとのことで、代わりに仕事中にも関わらず同僚二人が一緒についてきてくれました

Ultimate Brideは参考程度に行ったのですが、ほとんどのドレスが私の予算オーバー・・・自分の予算をを店の人に伝えると”えぇ?本当?”と何度も言われて、イライラ誰でも一回しか着ないドレスに10万ー20万出せるわけじゃないんだよっと言いたくなりましたが、ぐっと堪えましたドレスも私のサイズはなく、すべて大きい。後ろをピンで留めて鏡でチェック。私のサイズをチェックすることさえもしてくれませんでした。ちょっとでもいいなーと思ったドレスがあるかと思ったのですが、まったくの空振りで、結構残念な感じでお店を後にしました。

その日のうちに一人でもうひとつのお店に行くことに。ここは一人で。David's bridalというウェディングドレスのチェーン店に行きました。平日ということでアポ無しでいったのですが、運良く時間帯的に空いていて、すぐにドレスを見ることができました。アシスタントの方が、「ご予算は?」っと最初に聞いてくれたのが嬉しかったですその予算に合わせて、色々なタイプのドレスをピックアップしてもらい、私のサイズを測ってもらい、試着室へ。計5着を試着しました。アシスタントさんが色々と違うタイプの、でもちゃんと予算に合う(←ここ重要)のドレスを持ってきてくれ、計1時間半ほど、じっくり見れました。でも最初に私が見つけたドレスがやっぱり一番好きで、それにする方向で話を進めていたのですが、丈が長いのが問題に。私は日本でも小さい身長149センチ。どのドレスを着ても長すぎるのですが、このドレスは裾がスタイルのために長めに作ってあり、特に長い。実は裾を切りたくない理由があるんです・・それは裾にとても素敵な刺繍が施されていて、お直しをするとそれを切ることになってしまうのです・・・30分くらいあーでもないこーでもないとお直しのプロが集まって知恵を絞ってくれましたが、結局切らないといけないことにΣ(T□T)でもちゃんと半分くらいは残るようにしてくれるらしいです驚いたのが、このお直しがかなり高いのです。下手するとドレスよりも高いかもお直し後ちゃんとアイロンもかけてくれるらしいので、それを考えると普通のお直し屋さんよりも安いんですけれどね。ウェディングドレスという特殊なドレスなため、やっぱり専門の人にやってもらったほうが安心です。

来週の火曜日にお直しのためにまたドレスを持ってお店に行きます。それから一ヶ月ほどでドレスは出来上がるそうですので、楽しみです!

スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment