in 結婚式奮闘記

結婚式奮闘記⑤披露宴その二

-0 COMMENT
更新が遅れましてすみません。実は先週の木曜日から食中毒にでもなったのか、具合が悪く寝込んでいました。

前回宣言したとおり、今日は披露宴を決めるまでの顛末について書きます。

前のブログで触れましたが、披露宴は。友人の結婚プランナーに言わせると、披露宴が一番結婚式の中で高い買い物になることが多い。その言葉で色々リサーチしてみると、本当に高いんです。結婚式をするチャペルに紹介してもらった場所も、予算を完全にオーバー。他にも探しましたが、どこも割高最初は1)教会の会場で式後にフィンガーフードにするか、2)もう式だけをして身内で食事にするかぁーなどという案もでましたし、3)このさいもう持ち寄り(ポットラック)にしちゃえとかいうのもあったのですが・・・。

案1)結局式場代(教会の中にある部屋代は別)と食べ物代を合わせるとそんなに安くないことが判明して却下
案2)身内で食事はする人はいるが、ゲストになにも振舞わないで式だけで帰すのはあまりにも失礼ということで、却下
案3)持ってこない人がいる場合があるし、量に問題があるかもしれない場合があるから却下

ということで、全部却下。どうしましょー早くしないと場所なくなっちゃう~~、と泣く泣く同僚に相談したところ、いい場所を教えてくれました

Andre's Banquets & Catering

パーティー専門会社で、ケータリングもやっているとのこと。早速電話をしてみると、かなり安くできるとのこと!!結婚式の予定日も空いているとのことだし、これはいける!!その週末にアポを取り、担当者に会いました。こちらの希望では式場に近いClaytonという場所に位置している披露宴会場。ですが、話を聞くとその場所を使うためには場所代がExtraチャージされるということ・・・。えぇぇぇ~~じゃあ安くないじゃん。といらだつ私それに気が付いたのか、担当者がすかさず、ミーティングをしている”この場所”でやれば場所代がないので、安くなるとアピール。実際”この場所”でやれば合計すると半額以下になりますよ。”ただ”この場所”は結婚式会場から車で30分離れた場所・・・。う~~~~~んと悩む二人にまたまたすかさず担当者が”お二人の結婚式だったら、だれも不満は言いませんよ。30分くらいなんでもない、なんでもない!!”。そうだよなー。でもなー。じゃあケータリングで教会内の部屋でやったら?場所代はかかるけれど、Claytonよりは安いし、移動もしなくていい!!でも場所が小さすぎて、入りきらないということが判明。屋外テントを設置すると結局Claytonと値段がどっこいどっこい・・・30分くらいあーでもないこーでもないと悩んだ結果、結局”この場所”ですることに決めました。

食事スタイルは人気のバッフェスタイル、贈り物用のテーブルもあり、金庫もちゃんとおいてあります。金庫はプレゼントがギフトカードや小切手だった場合にちゃんと管理するため。バーもちゃんとあります。ここで興味深かったのが、オープンバーとクローズバーの値段の違い・・・。オープンバーは簡単にいうと飲み放題・・・クローズドバー(またはキャッシュバー)はゲストが自分で払ってもらいます。オープンバーのほうが当然高いだろうと思ったら、意外にクローズドバーの方が高い。これは驚きました。おそらくバーテンダー費+レジ費などががかかるのでクローズドのほうが店にとっては高くつくからなのではと推測しますが、はっきりいっていまだに腑に落ちていません。私はオープンバーにするのは気が引けたのですが(飲むとめんどくさいことになりそうな人が何人かカメさんの仕事関係で来るので)、当日は日曜日なのでおそらくそこまで飲まないだろう希望的観測で、オープンにしました。このプランの中にウェディングケーキも含まれています。一番ベーシックなケーキはプランに入っているのですが、色々オプションをつけるとケーキ屋さんにその分の料金を払わないといけないとのこと。ケーキ屋さんは指定の番号に自分達で電話してくださいとのことだったので、またアポを取らないといけません次回はアメリカのウェディングケーキについてですね
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment