Zero toleranceー不寛容政策

アメリカが揺れています。トランプの下した移民政策で(今週の水曜日に一応撤回しましたが)、その政策に対する反対運動でメディアも国民も大きな声をあげています。このZero tolerance政策。日本語に訳すと不寛容政策となるそうです。簡単な内容としては、国境にやってきた不法移民を一時的に拘留する際に、家族を引き離すというもの。不法移民でなく亡命を求めてきた人も同じように収容されていて、混乱が極地になっています。ち...

Bridge over the troubled water

とても悲しい事件が立て続けに世界で起きています。私は近頃座ってニュースを読む時間がないのでBBCやNPR,1A発信のポッドキャストでニュースを運転中に聞いているのですが、昨日とても悲しいけど素敵なニュースを聞いたので紹介したいと思います。イギリスでグレンフェル・タワーの火災が起きたのは先週のことでしたね。詳しく知らない方はこちらからどうぞ。住人151人に対し、死者はほぼ半数の71人。中には身元がわからない...

Baby it's cold outside

冬休みに入った途端に風邪引きました(ノ_<)。熱が意外に出てて、今日と明日は仕事のボスから自宅療養の命令が出されてしまいました。色々あった一年。昨日私のアドバイザーにアカデミックジャーナルのドラフトを送り、次の日に熱が出るなんて…何て正直な体だろうとちょっと呆れて笑っちゃうほど。時間ができたので、ブログアップします。ずっと書こうかなって思っていたCNNのニュースの記事です。クリスマスが近くなるとアメリカ...

来年のACA学会開催地巡り・・・

ちょっと今週飛び込んできたニュースに舞い上がっております。モントリオールで参加してきたACA(アメリカのカウンセリング学会で一番デカイ学会)学会は毎年アメリカのどこかで行われます。今年はカナダでしたが(北米つながりということで)、何年か前はハワイ。ミズーリでもやったこともあると思います。で、2017年の開催地はテネシー州のナッシュビルで決定していたのですが、この度ACA側が取りやめました。もう一度言います、AC...

アメリカの銃乱射を考える

また悲しい事件が起こってしまいました。3箇所での無差別銃乱射がミシガンで起こり、14歳の少女を含む7人が犠牲になりました。事件の概要は、犯人の動機は不明ですが、犯人はもう警察に拘束されており、これからさらに事件の全容がわかってくるのだと思います。日本から来た学生によく「アメリカは銃があるからくるのが怖かった」と言われることがあります。それを聞くたびにとても悲しい気持ちになります。確かにアメリカの銃犯...